FC2ブログ

中日の神話を打ち破った!大きな神話を打ち破るには大きなパワーが必要ということでしょう

◎中日の神話を打ち破った!大きな神話を打ち破るには大きなパワーが必要ということでしょう

シーズンの前半はカープと最下位を争っていた中日が、後半に入ると、一気に浮上してきました。その背景には、「6回終了時点でリードを奪っていると負けない」ということ。それだけ先手必勝、逃げ切り体制がしっかりと整ったということなのでしょう。しかも、この条件下での連勝は、実に37。もはや神話の域に達していました。

カープは序盤に小刻みに得点を奪いながら、中盤に逆転を許し、6回を終わって2-3。1点のビハインドで7回を迎えました。もはや、中日の神話であれば、今夜は「負け」という展開でした。

しかし、カープ打線は7回表に猛攻を見せました。なかなかチャンスを作っても、得点に至ることが出来なかったのですが、7回表、1死1・2塁の場面で、床田投手に代わって代打に送ったのが、今夜はスタメンから外れていた鈴木誠選手。カープの主砲を、「代打」という形で、ここぞという場面で送り出すことが出来ました。

確かに、なかなかチャンスで打てない、打撃の調子が上がってこない状況が続いていました。そして、今夜は4番の松山選手をなんと7番に、鈴木誠選手はスタメンを外して、気分転換を図りました。代打で、ここぞという場面での起用となった鈴木誠選手は、きっちりとセンター前へとはじき返し同点とすると、続く大盛選手は右中間を破るタイムリー3塁打で、一気に突き放しました

「6回終了時点でリードしていれば37連勝」という、もはや神がかり的な、だからこそ「神話」は、並大抵のパワーでは打ち破れません。しかし、カープ打線は8回に堂林選手、鈴木誠選手に2ランが飛び出し、さらに9回には田中広選手の3ランを含めて一挙7点!7回から9回までの3イニングで、一挙15点を奪いました。「並大抵」どころか、もはや「最強クラス」のパワーで相手を突き放し、神話を打ち崩しました

まあ、打線のつながりはすごかったですね。ここのところ、チャンスを作っても「あと1本」が出ず、ここ6試合で10点しか奪うことが出来なかったわけですから。そんな打線が、3イニングで15点を奪うわけですから、つながりだすと、カープ打線の破壊力というのはすごい…改めてそう感じます。

大量得点を奪っての勝利を飾りましたが、なかなかこういう試合は出来るものではありません。ただ、相手がこのところ「6回までリードしていれば、勝てる」という自信を、敵地での3連戦の初戦で打ち破ることが出来た…しかも、大盛選手という若い力の躍動、スタメンは外れたものの、悩める主砲・鈴木誠選手の一打によるものとなれば、今夜の勝利は色々と大きなものだったと思います。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
9位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる