FC2ブログ

それぞれの2020年、そして来季へ(1)~ケムナ誠投手編~

◎それぞれの2020年、そして来季へ(1)~ケムナ誠投手編~

毎年恒例、来季の戦力を1人ずつ、、今季の成績とともにチェックしていく連載。その第1回目は、3年目の今季、一気に1軍の戦力に台頭してきたケムナ誠投手を取り上げてみたいと思います。

ケムナ投手は2017年のドラフト3位で、日本文理大からカープに入団しました。192cmの長身から投げ下ろす150キロ台の力強いストレートが大きな魅力ではありますが、入団当初はあくまでも素材型。大学時代はプロからも注目はされていましたが、「育成選手なら指名はあるかも」と評価していた球団も多かったようです。

では、まずはケムナ投手がカープに入団してからの3年間の投手成績を振り返ってみましょう。

試合被安三振四死自責防御率
201821501021.2191513114.57
201911000111100.00
201921944080.2794732313.46
202014111051375524223.88
202023001323000.00


1年目は2軍でじっくりと経験を積み、2年目も同じく登板機会を増やしながら、先発としても経験を積んでいきました。ウエスタンリーグでの投球イニング数は飛躍的に増え、シーズン最終盤には初の1軍昇格を果たしました。そして、3年目の今季、一気に1軍での登板数を41試合まで増やし、しかもシーズン終了間際の11月5日の巨人戦で、プロ初勝利を手にしました。

このように振り返ってみると、1年目は2軍で、2年目もじっくりと2軍で育て、1軍も経験させ、そして3年目に1軍の戦力となった…確かにプロ初勝利はマークしましたが、まだ完全に花開いたわけではないでしょう。しかし、順調にステップアップしているという印象です。

では、そんな飛躍となった今季の成績をもう少し具体的に見てみましょう。

試合被安打四球死球
4111015137231
奪三振失点自責防御率完投先発完封WHIP
5522223.880001.18


今季の登板はすべて中継ぎでしたが、41試合に登板して、51イニングを投げたわけで、イニングまたぎの起用も目立ちました。シーズン序盤は敗戦処理が中心でしたが、結果を残すにつれて、試合の重要な場面での登板も増え、セットアッパーとして起用されたケースもありました。にもかかわらず、シーズン後半には大量ビハインドの場面で登板させられたりと、まるで起用パターンがはっきりせず、酷使が目立つこともありました

ただ、その中でも、長身から最速154キロという角度あるストレートを思い切り投げこみ、高めの球で空振りを奪う場面も多々あり、数字上で見ても、51イニングで55奪三振と、イニング数を奪三振数を誇るまでに、「三振を奪える投手」へと成長を遂げました。

しかし、ケムナ投手の投球を見ていると、確かに投球の7割方はストレートで、どんどん押していくタイプの投手という印象はあります。ケムナ投手自身はスライダーやフォークも持ち球としてはありますが、特に相手の目線を大きく変えるのが、時折混ぜるどろんとしたカーブ。特にシーズン終盤にはカーブを上手く交えることで、相手の目線を大きく変えていたようにも思います。それだけ、1軍のマウンドでより実践的な投球を身に付けてきたというところでしょう。

中には「先発で…」という見方もありますが、個人的には中継ぎで良い投手をみんな先発に挑戦させていては、先発と中継ぎでの力の差が広がり、終盤に逆転を許してしまうケースが増えてしまうように思います。

ケムナ投手に関しては今季の経験、そしてパワーアームであり、奪三振率を高い、そして長身からの角度ある球を投げるというほかの投手にはない特徴も持ち合わせています。

今季、3イニングを投げた試合が3度ありましたが、いずれも失点しています。そう考えると、しっかりと1イニングを任せ、自分自身の豪快なストレートを思い切り、ミットを目がけて投げこんでもらう方が、ケムナ投手らしさを存分に出せるのではないでしょうか。

魅力の多い投手だからこそ、来季はセットアッパーや守護神候補の一角も狙えるのではないかと思います。ただ、今季は1軍で41試合に登板し、例年にない疲れもあるでしょう。これは初めての体験でもあると思います。短いオフの中で、しっかりと疲れを取り、来季、さらにパフォーマンスをアップできるか…今季は7月5日に1軍昇格を果たし、そこからシーズン最終戦まで駆け抜けましたが、来季はシーズン通して、1軍で1つの役割を全し、ホールド王を狙うくらいの気持ちで、本当の華を開かせてほしいと思います。

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
1位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる