FC2ブログ

それぞれの2020年、そして来季へ(6)~上本崇司選手編~

◎それぞれの2020年、そして来季へ(6)~上本崇司選手編~

毎年恒例、来季の戦力を1人ずつ、今季の成績とともにチェックしていく連載。6回目となる今回は上本崇司選手に注目してみたいと思います。

今季で8年目となった上本選手は、30歳を迎える節目の年。しかし、上本選手にとっては、これまでの7年間で、確かにチームのムードメーカーとして、非常に重宝する存在ではあった反面で、打撃ではなかなか結果が残せず、どこかに「今年で終わりじゃないか…」という危機感があったのではないでしょうか。そんな上本選手の今季は、少しではあるものの、首脳陣のイメージを変えることが出来た1年ではなかったでしょうか。

では上本選手の今季の成績を振り返ってみましょう。

試合打席打数安打二塁打三塁打本塁打打点三振
5662521120044
盗塁盗塁刺犠打犠飛四球死球打率長打率出塁率
203052.212.250.305

それとともに、2017年からではありますが、過去4年間の成績も振り返ってみましょう。

2017年からの成績(今季成績の赤字はキャリア・ハイ)
試合打数安打本塁打打点三振四死球盗塁打率
2017378100323.125
20185911100416.091
20193121300500.143
202056521104472.212

振り返れば、上本選手は緒方前監督からの助言もあり、スイッチヒッターを目指すことになりました。ただでさえ、打撃に課題が山積し、右打席でも結果が残せない中でのスイッチヒッター挑戦。それはどこか無謀ではないかというイメージはありました。ただ、良くは分かりませんが、左打席に立つことで、何か右打席にも効果が出るのではないか…そんな意図があったかもしれません。

今季、上本選手はスイッチヒッターをやめ、従来の右打席に専念することになりました。右も左も練習しなければならない状況から一転して、右に専念できることで、上本選手には見えてきたものがあったのかもしれません。練習試合、オープン戦と、上本選手は右打者として、鋭いスイングで長打を放ってみたり、上手くタイミングを合わせ、内野の頭を超える打球を放ってみたり…打撃で新境地をつかんだような雰囲気がありました

そんな上本選手の今季のハイライトといえば、何といっても8月28日の阪神戦。後に「月間サヨナラ賞」を初受賞した、9回1死1・2塁の場面での打撃でしょう。

この日、「8番・ショート」でスタメン出場した上本選手でしたが、ここまでノーヒット。しかし、佐々岡監督は代打を送ることなく、上本選手の打撃に託しました。今までは首脳陣からの信頼がなかった打撃…代打でも不思議ではない場面で、打席に立ったこと、それは上本選手が少しずつ打撃でも信頼を積み重ねてきた証でもあったでしょう。

そんな期待に応えるように、上本選手は前進守備のセンターの頭上を越えていく劇的なサヨナラタイムリー!自身初のサヨナラ打であるとともに、お立ち台にも上がりました。いつものひょうきんな上本選手とは裏腹に、「いつも迷惑ばかりかけて」と涙ながらのヒーローインタビューでした。苦節8年目、課題の打撃で最高の結果を残したのです。

今季、上本選手が放ったヒットは11本。打点4も含めて、それは上本選手8年目にして、自身のキャリア・ハイでもありました。また出塁率に至っては3割を超えており、しぶとさも感じさせました。例年、1軍でのヒットは1~3本、出場のほとんどが代走や守備固め…そんな上本選手が打撃でも大きな進化を遂げたように思います。

最後に上本選手といえば、ユーティリティプレイヤー。今季守備についたポジションでの守備成績を振り返ってみましょう。

ポジション試合刺殺捕殺失策守備率
二塁手20252901.000
三塁手100201.000
遊撃手1219242.956

※外野は7試合出場も守備機会なし

元々、守備には定評がある上本選手。確かに今季は数字に表れない部分でもミスもあった印象がありますが、それでも失策はショートでの2つにとどめています。守備機会はけして多くはないものの、とりわけセカンドでは守備範囲の広さや反応の速さを感じさせるプレーもありました

今季はプロ野球選手としての危機感を感じながら、その中で打撃や守備でも要所要所でチームへの貢献度を高めた上本選手。ただ、羽月選手や小園選手、韮沢選手、さらには亜細亜大・矢野選手の加入もあり、上本選手のポジションには期待の若手がひしめき合っているのが現状です。

来季もけして安心な立場ではなく、年齢を重ねるにつれて厳しさは増すと思います。ただ、打撃ではよりしぶとさと力強さを出せるように、そして守りではユーティリティプレイヤーという持ち味が活かせるように、それに加えてチーム最高のムードメーカーとして、存在感を感じさせるプレーを見せてほしいと思います。

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!

スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる