FC2ブログ

ルーキーたちの1年目を振り返る(3)~木下元秀外野手編~

◎ルーキーたちの1年目を振り返る(3)~木下元秀外野手編~

カープのルーキーは初めてプロ野球選手として過ごした1年間、どのようなシーズンだったのでしょうか。今季の成績とともに振り返る連載企画。第3回は、育成ドラフト2位ルーキーの木下元秀外野手を取り上げてみたいと思います。

木下選手を初めて見たときは、もはや身体つきがもうプロ野球仕様に仕上がっている…身長182センチ、体重86キロの体型はまさに堂々たるもの。力強いスイングでバックスクリーンにも豪快なアーチを放つほどで、天性のスラッガーという印象でした。

では、そんな木下選手のルーキーイヤー、ウエスタンリーグでの成績を振り返ってみましょう。

試合打席打数安打二塁打三塁打本塁打打点三振
60201189346072641
盗塁盗塁刺犠打犠飛四球死球打率長打率出塁率
0001101.180.323.224

ウエスタンリーグでは開幕2戦目には早々にデビューを飾り、6月27日のオリックス戦ではライトスタンドに決勝点となる逆転2ランを放ちました。順調なスタートは切りましたが、それ以降は粗削りな面が目立ち、打率は1割台中盤を行ったり来たりと、プロの壁にぶち当たりました。

しかし、木下選手の持ち味が一気に目覚めたのは9月23日のウエスタンリーグ・阪神戦。1試合2本のアーチを架けると、翌日もホームラン。10月に入ると、林選手が1軍に昇格したこともあり、2軍の4番に座る機会が増える中で、3本塁打を放ちました。わずか3週間ほどの間に6本塁打放ったのです。

では、木下選手のフェニックスリーグでの打撃成績を見てみましょう。

打数安打HR打点三振四死盗塁打率
31402710.129

目立った結果を残せなかった木下選手。ただ、スラッガーは大成するのに時間がかかります。フェニックスリーグの結果はともかく、ウエスタンリーグのシーズン7本塁打は、期待以上の数字だったと思います。

一般的に「ヒットの延長線上に本塁打がある」とされますが、木下選手の場合、全打席で本塁打を狙い、ヒットは本塁打の打ち損じという考えのようです。かつて南海などでプレーした門田博光さんも似たようなコメントを残していた記憶がありますが、常にフルスイングでホームランを狙う姿勢というのは、今のカープにはいない個性だと思います。

このオフには同じ敦賀気比高の先輩でもあるオリックスの左のスラッガー・吉田正尚選手と自主トレを行うようです。タイプが似ている先輩からは、学ぶべきところ、参考になる部分がたくさんあると思います。

本塁打狙いの長距離砲は結果が出るまでに時間がかかるかもしれません。しかし、下手にスタイルを変えるのではなく、その持ち味を貫いて、来季はウエスタンリーグで打率.230くらいでも、20本塁打マークするくらいのパンチ力、フルスイングを見せてほしい、そうすればパリーグの投手にも力負けしない長距離砲に一歩も二歩も近づけるはずです。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる