FC2ブログ

<KUNIの雑感634>カープの新人王を振り返る

<KUNIの雑感634>カープの新人王を振り返る

森下投手、見事新人王受賞しましたね。巨人・戸郷投手が最大のライバルとされてきた新人王レースでしたが、森下投手の成績を見れば、当然の結果でしょう。なんせ規定投球回数クリア&10勝&防御率1点台…これで負けるはずはありません。

それにしても、プロ野球の世界に入る前から新人王を目標にして、それを実現させるわけですからすごいですよね。前評判は高くても、なかなか思い通りにはならないのが世の常。でも、森下投手は狙って取って、有言実行したわけですから。なかなか出来ることではありません。

ところで、森下投手の受賞で、カープから新人王が誕生したのはちょうど10人目となります。ちょっとここで、カープの新人王受賞選手をその年の成績とプロ通算成績を含めて、振り返ってみましょう。

選手成績(下段は通算、★は現役)
1982津田恒美
31試合11勝6敗0S 防3.88
286試合49勝41敗90S 防3.31
1984小早川毅彦112試合105安打16HR59点 率.280
1431試合1093安打171HR626点 率2.73
1985川端順45試合11勝7敗7S 防2.72
310試合46勝26敗19S 防3.00
1986長冨浩志30試合10勝2敗2S 防3.04
464試合77勝77敗10S 防3.84
1995山内泰幸34試合14勝10敗0S 防3.03
184試合45勝44敗1S 防4.40
1997沢崎俊和38試合12勝8敗0S 防3.74
180試合24勝17敗15S 防4.70
2006梵英心123試合130安打8HR36点 率.289
1096試合990安打74HR357点 率.264
2012野村祐輔27試合9勝11敗0S 防1.98
★185試合77勝55敗0S 防3.45
2014大瀬良大地26試合10勝8敗0S 防4.05
★182試合57勝39敗2S 防3.46
2020森下暢仁18試合10勝3敗0S 防1.91
★18試合10勝3敗0S 防1.91


カープの新人王第1号は1982年、「炎のストッパー」と呼ばれた津田恒美投手が先発時代に受賞しました。それ以降、新人王を受賞した選手はその後、カープの中心選手へと成長したり、引退後はカープのコーチを経験したりと、チームに影響を与えた存在となっています。

こうして振り返ってみると、カープの黄金時代や定期的に優勝していた時期は、新人王も頻繁に出ていました。しかし、長くBクラスが続いていた時期は、新人王すらも出にくい状況でした。ここにも「自由枠」だの「逆指名」だの、ドラフト会議が不条理なものになっていた時代のカープの苦戦が感じられます。

ここ10年では野村投手と大瀬良投手が受賞していますが、今なおチームの先発陣の柱であり、森下投手も彼らに続いて、長く安定して、投手陣を支える存在になってほしいものです。ちなみにここ10年となれば、巨人時代の2011年には長野選手も新人王を受賞しています。

ところで…

新人王を受賞すると、マスコミはこぞって「2年目のジンクス」などと騒ぎ立てがちです。いわゆる新人王を受賞した翌年は成績が落ちると言われるジンクスがあるというわけで…

ただ思うのですが、ルーキーや1軍での実績がなかった選手が、その年、抜群の成績を残したことで新人王を受賞するわけであり、翌年は相手もどんどん研究して対策を練ってくるでしょうし、新人王を受賞すると、オフシーズンは何かとテレビ出演やイベントなどが増え、疲労を取る機会や練習時間がどうしても限られてしまいます。

新人王受賞となるほどの抜群の成績を残した翌年、さらにその成績を上回るのは、ただでさえ至難の業であること。2年目の成績が多少なりとも下がるのは致し方ないところなのです。

それゆえ「2年目のジンクス」は何かに取りつかれて、そうなってしまうわけではなく、抜群の成績を残した翌年に成績が下がるのは良くあることで、「ジンクス」というほど、見えない力が働くようなものではないということ。マスコミが作り出した興味を引くようなフレーズに過ぎず、あまり気にするものでもないということです。

通常の年ならば、今頃森下投手はキー局、ローカル局問わず、出演に引っ張りだこで、さらに地域のイベントもあって、とにかく多忙を極めていたでしょうね。しかし、今年は新型コロナウイルスの感染拡大もあって、そういったことが制限されています。森下投手にとっては、自分の時間が増えるというのは、来季へ向けて大きなプラス材料だと思います。

今季以上の成績を残すと宣言した森下投手。今年の自分の成績を越えることは容易ではありません。そもそも近年、日本球界で防御率1点台を複数年続けたのは、当時楽天の田中将大投手や、日本ハムに在籍していたダルビッシュ有投手らがいますが、それほどめったに出ない記録です。

でも、練習面で充実したオフを過ごせば、今年を超えられる可能性は十分にあります。「2年目のジンクス」はどうでも良いことで、気にすることでもないのですが、それよりもむしろ複数年続けて活躍できてこそプロですから、来季、ぜひ今年の森下投手を超えるピッチング、期待したいですね。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる