FC2ブログ

それぞれの2020年、そして来季へ(28)~正隨優弥選手編~

◎それぞれの2020年、そして来季へ(28)~正隨優弥選手編~

毎年恒例、来季の戦力を1人ずつ、今季の成績とともにチェックしていく連載。28回目となる今回は今季が3年目のシーズンとなる正隨優弥選手に注目してみたいと思います。

広島出身で、おじいさんはカープでプレーした三原卓三さん。さらに高校球界屈指の強豪である大阪桐蔭高では4番を務め、亜細亜大でも主砲として、4年間で9本塁打を放つパワーあるバッティングが持ち味の正隨選手。広島出身、東都リーグ出身で、しかもドラフト6位の右の長距離砲…そうなると、やはりどうしても新井さんをイメージします。

そんな将来の主砲候補として期待が膨らむ正隨選手。まずは昨季のウエスタンリーグでの成績を振り返ってみましょう。

2020年ウエスタンリーグ
試合打席打数安打二塁打三塁打本塁打打点三振
501851564610121725
盗塁盗塁刺犠打犠飛四球死球打率長打率出塁率
1121242.295.410.393

そして、プロ入り2年間のウエスタンリーグでの成績も合わせて振り返ってみましょう。

入団2年間の2軍成績
試合打数安打本塁打打点三振四死球盗塁打率
20191053367063962304.208
2020501564621725261.295

こうしてルーキーイヤーの2019年と2年目の成績を比較してみると、打率面では急激な成長が感じられます。ただ、ルーキーイヤーと比較すると、本塁打数が減少しているという点が気になるところ。ただ、長打率を見ると、ルーキーイヤーの.339から2年目は.410、OPSは同じく.610から.804へと飛躍的にアップしています

確かに本塁打の数は減少したのかもしれませんが、打撃では確実性が格段に増しただけでなく、特に2塁打の本数が増えており、長打そのものの確率も増してきました。それだけ打撃面では確実に成長を遂げているといえます。

そして正隨選手は9月6日、プロ入り2年目にして初の1軍昇格を果たしました。というわけで、昨季の1軍成績を見てみましょう。

1軍成績
試合打席打数安打二塁打三塁打本塁打打点三振
787100111
盗塁盗塁刺犠打犠飛四球死球打率長打率出塁率
000010.143.571.250

出場した試合はわずか7試合にとどまり、すべてが途中出場となっています。そして、9月18日の東京ヤクルト戦の7回表、代打で出場して、プロ4打席目に入った正隨選手は、相手の左腕・中沢投手の真ん中低めのストレートを右中間スタンドへ運ぶプロ初本塁打を放ちました。これが正隨選手にとって嬉しいプロ初安打初打点となりました。

右方向へとぐんぐん伸びていく打球に、将来の主砲の要素を持った打者だと改めて感じました。ただ、1軍はけして甘くはなく、9月27日の2軍降格となる3週間ほどの1軍生活で、放ったヒットはこの本塁打の1本のみ。ただ、三振もわずかに1つで、必死に1軍の投手に食らいついていこうとする姿勢を感じさせる打撃だったように思います。

では最後に、フェニックスリーグでの打撃成績を見てみましょう。

フェニックスリーグ
打数安打HR打点三振四死盗塁打率
581739670.293

こうしてみると、正隨選手自身、2軍でのレベルはすでにクリアしているといえるでしょう。フェニックスリーグでは打率3割こそ下回りましたが、3本塁打を放ち、長打力をアピールしました。さらに7つの四死球を選び、出塁率は.369と非常に高い数字を残しています。

昨季、1軍での経験は正隨選手にとって、今後へ向けての大きな課題を与えたものになったと思います。1軍クラスの投手となれば、確かに三振は少なく、積極的に打ちに行く姿勢はありましたが、どうしても打たされてしまい、自分の打撃が出来ない…その中で、今季は1軍クラスの投手に対しても、しっかりと自分の打撃が出来るかどうか、ステップアップが求められる年になると思います。

ただでさえ、右の長距離砲というのは育つまでに時間がかかるとされています。その中で、大学からプロの世界に飛び込んみ、早めの結果が求められる中で、ここまでの2年間、正隨選手は順調に成長しているといえるでしょう。

だからこそ、3年目の今季はより重要な位置づけになると思います。オフは同じ大阪桐蔭高出身で先輩の北海道日本ハム・中田翔選手と自主トレを行い、打席での心構えなどを聞きたいとしています。中田選手といえば、昨季、打率.239でも、31本塁打、108打点と、打率に比べて、抜群の勝負強さを見せました。

自身の持ち味であるパンチ力を発揮し、チャンスの場面で打点に結び付けられる打撃が出来るかどうか…外野手はレギュラー争いが非常に激しく、なかなか割って入ることは難しいところ。ただ、チームは鈴木誠選手の将来的な大リーグ挑戦を視野に入れながら、将来の主砲を育てる必要がある時期に入ってきました。正隨選手にとっては、代打であっても、自分の1軍での持ち場をしっかりとつかみたいところでしょう。今季は1軍でも5本塁打以上マークして、将来の4番候補に名乗りを上げられるくらいに成長を見せてほしいと思います。

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!

スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる