FC2ブログ

それぞれの2020年、そして今季へ(27)~中田廉投手編~

◎それぞれの2020年、そして今季へ(27)~中田廉投手編~

毎年オフ恒例、今季の戦力を1人ずつ、昨季の成績とともにチェックしていく連載。いよいよ27回目となる今回は、今年で13年目のシーズンを迎え、投手陣最年長ではありませんが、カープに入団した年となれば、チームで最も長くカープに在籍している現役投手ということになる中田廉投手に注目してみたいと思います。

では早速ですが、中田投手の過去3年の1軍投手成績から見てみましょう。

試合被安三振四死自責防御率
201715324046.2375021142.70
201811501012.1221281813.14
2019180005.284769.53

2014年に66試合に登板し、9勝をマークした中田投手。プロ入り後、シーズン通して初めて中継ぎとして1軍で投げ抜いた1年でもあり、今なおキャリア・ハイのシーズンでもありました。しかし、その登板過多がたたったのか、その後の2年間はなかなか本来のピッチングができませんでした。

しかし、2017年に53試合に登板し、復調を印象付けました。とりわけ、満塁という究極のピンチの場面で抜群の勝負強さを見せたという印象が強いシーズンでした。しかし、その登板過多の影響がたたったのか、その後の2年間、再び低迷の時期が続きました。

どうも活躍が3年周期となっている中田投手の昨季、2020年のシーズン投手成績を見てみましょう。

試合被安打四球死球
32010427.12880
奪三振失点自責防御率完投先発完封WHIPQS
2213134.280001.320

開幕1軍メンバーからは外れたものの、7月25日に今季初の1軍登録。しかし、その後1度抹消がありましたが、8月12日に再度1軍登録され、そのまま1軍で駆け抜け、3年ぶりとなるシーズン30試合以上登板となりました。

中田投手自身、持ち球はストレート、カットボール、フォーク、シュート、ナックルカーブなど、中継ぎとしては多彩な変化球を持ちます。ストレートは今季最速は150キロをマークしましたが、安定してその数値が出るわけではなく、平均すれば最速145キロ、おおむね140キロ前半といったところでしょうか。

今季はけして勝負どころでの登板…という起用ではなかったものの、敗戦処理やある程度リードを奪った場面、そして先発が早々にマウンド降りた場合など、その実績の豊富さから、様々な場面で起用されたシーズンでもありました。

そんな中田投手のピッチングから、気になるのはランナーを置いた場面と、そうでない場面、ランナーを置いていても、スコアリングポジションにランナーがいるかどうか…その局面によって、ピッチングに大きな違いが表れる点です。ランナーの状況に応じた被打率や被出塁率を見てみましょう。

ランナー打数被安三振四死被打率被出塁率
なし6017124.283.328
1塁15510.333.333
満塁5020.000.000
得点圏28694.214.294

2017年の中田投手は、とりわけ直前の投手が無死満塁という絶体絶命の大ピンチを背負った場面で、気迫の投球で見事にそのピンチをゼロで封じたということが度々ありました。確かに投球スタイルは緩急をつけた技巧的なピッチングですが、気迫に満ちたピッチングが大きな魅力です。今季も満塁のピンチでは1度もヒットを浴びることなく、ゼロで封じ切りました

しかし、イニングの頭から投げる場合や、ランナーがいない場合、いきなり先頭打者に不用意に四死球を出してしまうことが目立ちます。ピンチの場面を迎えてこそ、アドレナリンが出るのでしょう。その半面で、ランナーがいない場合には、絶対に出塁させまいと、どうも交わすピッチングに終始しているように感じます。

ただ、ピンチの場面で強さを発揮する投手がブルペンにいるのは首脳陣としては心強いことでしょう。その点では今季も「火消し」役として期待されますが、その一方で気になるのが、活躍の周期が3年であるということ。昨年は3年ぶりに結果を残しただけに、活躍周期からすれば外れるところですが、そんなジンクスを撃破して、今年も「大ピンチの場面こそ中田投手」という活躍を期待したいと思います


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる