FC2ブログ

<KUNIの雑感637>丈夫な身体

<KUNIの雑感637>丈夫な身体

左の先発ローテーションが期待されながら、シーズン前半は不調に苦しんだ床田投手が、このオフ、プロ入り7年間で目立った故障がない九里投手に弟子入りし、肉体改造を目指すという記事がありました。

確かに九里投手ってタフですよね。今年は先発ローテーションとして8勝をマークし、とりわけシーズン後半は毎試合のように8イニング前後を投げるほど、安定感とともに、イニングを稼げる先発投手として機能していました。

それまでも、なかなか先発ローテーションに定着できない時期は長かったものの、先発に中継ぎにとスクランブルで登板し、中継ぎで投げた数日後に先発マウンドに上がるということもあり、いわゆる便利屋的な起用が続いた時期もありました。それだけタフな投手であり、首脳陣からすれば、非常に心強く頼もしい戦力でしょう。

九里投手といえばストレート、スライダー、シュート、フォーク、ナックルカーブ、チェンジアップ、カットボールなど多彩な変化球を投げ分ける投手です。しかも、最近ではある程度、球数は抑え気味のようですが、まだ入団してしばらくは、キャンプではかなり多くの投げ込みをしていたことでも知られています

それてちょっと思い出したことが…

1980年代に一世を風靡した人気野球アニメ「タッチ」。私も良く見ていましたが、その中で主人公・上杉達也に対してライバル心を燃やしていた勢南高校のエース・西村勇という投手が出てくるのですが、彼は高校卒業後にプロ野球選手となり、持ち味の変化球を活かしたピッチングで新人王も受賞するほどの活躍。

しかし、子どもの頃から変化球を投げすぎて、肘はボロボロ…プロ入り数年で2軍相手にも通用しなくなり、引退という道を選ぶことになるというストーリー。変化球の投げすぎは肘を痛めることにつながる…そんなイメージがありました

しかし、九里投手を見ていると、多彩な変化球を投げ込んでいても、大きな故障がないという投手もいて、それは選手の体調管理やコンディション管理、肘への負担が少ない変化球の投げ方、さらに持って生まれた体質…いろんな要素があるんだろうなと感じます。

ただ、九里投手も来年30歳。年々、身体の状態はより変わってくると思います。これまで以上のコンディション管理が必要になってくるとは思いますが、これからもタフなピッチング、見せてほしいですね。それとともに、床田投手も自分に合った故障しにくい身体作り、目指してほしいものです。

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
9位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる