FC2ブログ

<KUNIの雑感648>投打の新人選手考

<KUNIの雑感648>投打の新人選手考

野球は投手がボールを投げることで、その対戦の口火が切って落とされます。野球というゲームの起点は投手が投げることで始まるため、投手は野球の中では唯一の攻め手であり、迎え撃つ打者、そしてその打球を捕球する守備は、投手に比べると「受け身」である部分が多くなります。

そう考えると、投手と野手では育成の方法や新人選手の特徴は大きく異なるのかなと思うんです。

ドラフトで候補に挙がる投手というのは、例えば「ストレートの最速は何キロ」だとか、「多彩な変化球を投げ込む」だとか、そういったことが判断の基準になりがちですが、全体的に言えるのは、その投手自身のパフォーマンスが、「ドラフト指名時点で最高潮かもしれない」可能性が高いということ。

では、投手にとって「伸びしろ」とは何かといえば、即戦力としてリストアップされる選手は、その部分が小さく、「プロの世界に慣れ、対応できるかどうか」という点が中心であり、1年目からある程度結果が残せなければ、プロの世界で長くやっていくのは厳しくなる傾向が強いように思います。

その反面で、いわゆる「素材型」の投手は、「スピードはあるけど、コントロールがなあ」とか、何か秀でた部分がある投手。高校生の投手はまさにそれに当てはまるでしょう。伸びしろがあれば、数年後に戦力となる可能性も十分にあります

一方で野手というのは、プロの投手の球速や変化球、コントロールに対応できるかどうか、木製のバットに対応できるか、守備ではプロの打者の打球の速度に対応できるか…つまり、ドラフトで即戦力野手を1位指名したとしても、すぐに活躍できるかは投手に比べると不透明な部分が多い…

つまりは、本人の努力やセンスによって大きく変わる部分も大きいのだと思います。ドラフトの指名順位とは関係なく、プロでの感覚をいかに早くつかむかなのでしょう。そう考えると、ドラフトにおいて、野手で1年目からすぐに結果が出せる、つまり即戦力になれる選手というのは、非常に稀なケースであり、野手については「即戦力」という考え方はあまり持たず、大学・社会人の選手でも数年のスパンで成長を見守る方が良いのではないでしょうか。

投手では「苦節プロ10年目で花開いた」というケースって、珍しいと思います。もしそのケースがあるならば、いわゆる「素材型」の評価だった投手、もしくは高校生からプロの世界に入った投手でしょう。一方で、野手は長い下積みの結果、一流選手になるというケースは投手に比べると多いように思います。それは、プロの世界での打撃や守備の感覚を掴めたのが早いか、遅いかの違いなのではないでしょうか。

ただ、ドラフトで下位指名の選手は、上位指名の選手に比べると、けして与えられるチャンスは多くありません。上位指名の選手は感覚とつかむまでじっくりと待ってくれるケースが多い半面、下位指名の選手は見切りをつけられるのが早い…そういった指名順位による差はあれど、野手に関しては指名順、年齢関係なく、プロの世界にいかに早く対応できるかがカギとなるように思うのです。

そう考えると、ドラフト指名は

1.1位指名はその年最高評価の即戦力投手を指名
2.2・3位の指名は評価の高い即戦力投手や高校生を含めた野手を指名
3.下位指名は高校生投手、年齢にこだわらず野手を指名


こういった感じが理想的なのかもしれません。そう考えると、2019年は森下投手という即戦力投手を指名し、野手は2位以降、3位と6位で高校生投手を指名しており、理想的な形のように思います。そして2020年も1~3位を即戦力投手、4位以降は高校生や10代の独立リーガー、そして大学生野手…これまた理想的な配分だと思います。

そして今年はどうなるか…

今年最初のスカウト会議では、右の長距離砲に重点を置いたドラフトを目指すという方向性を確認しました。そのセンスが魅力で、どうしても手に入れたいが、他球団も1位指名を検討している右の長距離砲がいれば、1位指名に向かう必要があるでしょうが、そうでなければ1位指名は投手、2位指名以降で右の長距離砲候補を次々と指名する…ひとまず理想形に当てはめて、予想してみるのも良いのかもしれません。

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
10位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる