FC2ブログ

<KUNIの雑感653>外国人選手の起用法がカギ

<KUNIの雑感653>外国人選手の起用法がカギ

新型コロナウイルスの影響がまだまだ大きい現状で、東京や大阪など11都府県では緊急事態宣言も発出されています。また、春季キャンプ地としているプロ野球球団も多い宮崎県や沖縄県では、独自の緊急事態宣言を出しており、すでにその期間中のキャンプは無観客で行われることも発表されました。

さらに、今年は昨季に続いて、新型コロナウイルス感染拡大の影響を考えて特別ルールで行われることが確認されました。昨年同様に、延長戦は10回まで、1軍の出場選手登録は31人、ベンチメンバーは26人、外国人枠は5とするようです。

ただ、1軍の外国人選手枠については、若干ではありますが、インパクトのある変更がありました

昨年は、5つの枠のうち、投手、野手のいずれかで4枠を使用した場合…つまり、投手4・野手1、投手1・野手4というケースを、一度でも採用すると、シーズン中は二度と変更が出来ないというルールがありました。しかし、このルールを撤廃し、投手5とか、野手5といったように、いずれかですべての枠を使うというケースは禁止ですが、それ以外であれば変更が可能になるとしています。

昨年の開幕時点でのカープに当てはめてみると、野手ではピレラ選手、投手ではジョンソン投手、フランスア投手、DJジョンソン投手、スコット投手…こんな感じで野手1、投手4の攻勢で外国人選手を登録できるということ。昨年の場合は、一度このケースを採用すると、二度と攻勢を変更できませんでしたが、今季は、投手を1人抹消し、野手を1人昇格させて、投手3、野手2の構成にするということも可能になるというわけです。

今季のカープの外国人構成は…

【野手】
クロン選手、メヒア選手
【投手】
フランスア投手、D・ネバラスカス投手、バード投手、スコット投手、※コルニエル投手(育成)


となっています。外国人投手が多いという状況のため、あえて1軍には野手はクロン選手のみで、残りの4枠をすべて投手に使うという起用も考えられます。仮にコルニエル投手が支配下登録できるメドが立てば、より一層、外国人投手陣が充実するため、野手1・投手4の攻勢で臨む可能性も増してくるでしょう。

ただ、昨季は1軍に外国人選手を5人登録できるという特別ルールを、カープは上手く活用できないまま終わりました。新外国人投手も、そして現有戦力だった外国人選手も、思うような成績を残すことが出来ず、5枠使える外国人枠を2枠しか使えない時期もあったほどでした。

厳しい試合が続いた昨季、カープは日本人選手のみの打線を組む日も多く、それでも、特にシーズン終盤はある程度機能することは証明しました。そこに、今季の外国人選手がいかにうまく融合していくか…それ次第では、かなり大きな効果をもたらすことになるのではないでしょうか

新型コロナウイルスの影響で、感染してしまった選手、入国制限のためになかなか来日できない選手と様々で、今季の外国人選手が全員顔を揃えるのはもう少し先のことになるでしょう。非常に厳しい状況下ではあると思いますが、持ち味を発揮できる選手が1人でも増えれば、チームのV奪回につながってくるはずです。それだけ、今季は外国人選手の起用法も浮上への大きなカギを握ることでしょう

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
10位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる