FC2ブログ

それぞれの2020年、そして来季へ(51)~会沢翼選手編~

◎それぞれの2020年、そして来季へ(51)~会沢翼選手編~

毎年恒例、今季の戦力を1人ずつ、昨季の成績とともにチェックしていく連載。51回目となる今回は、もう一度、優勝したいという強い思いを胸に今季に挑む会沢翼選手に注目してみたいと思います。

では早速、昨季の会沢選手の打撃成績を振り返ってみましょう。

2020年1軍成績
試合打席打数安打二塁打三塁打本塁打打点三振
792632296113073651
盗塁盗塁刺犠打犠飛四球死球打率長打率出塁率
20102211.266.415.359

2019年シーズン、プロ入り後初の規定打席に到達した会沢選手。自身初のシーズン100安打以上を放ち、2年連続2ケタ本塁打をマークしました。しかし、昨季は9月10日の東京ヤクルト戦で、ファウルチップが顔面に直撃するというアクシデントがあり、戦線を離脱することに…。それもあって、捕手陣の中では出場試合数で、坂倉選手に次ぐ2番目となりました。

ただ、昨季に関して言えば、そのアクシデントによる離脱はともかくとして、どこか会沢選手らしさがなかったように思います。特に、2019年はセリーグトップとなる得点圏打率.351を誇りましたが、昨季は.254まで低下しました。本来の勝負強さがどこか影をひそめてしまったような感じです。

昨季は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、シーズン開幕当初は無観客試合、やがて5000人から観客を入れての試合となりましたが、それでも鳴り物は禁止。不断の真っ赤に染まったスタジアムとはまるで異なる光景に戸惑いもあったのかもしれません。とりわけファンを喜ばせるプレーを見せてくれる会沢選手にとって、いつもとは正反対のマツダスタジアムの光景に、アドレナリンを出すのが難しかったのかもしれません。

ただ、出塁率は.359と非常に高い数値となっています。常にフルスイングしてくる打撃は、相手投手にとっても脅威的でしょう。とりわけ、「捕手に打たれると、チームが調子づく」と言われますが、それゆえに会沢選手に対する相手バッテリーの警戒度は高まる…それが出塁率の高さにもつながっているのかもしれません。つながるといえば…3年連続で2ケタの死球を受けているのも、相手が内角を攻めてくる、それだけ警戒されていることの証でしょう。

では、昨季の会沢選手の相手投手の左右別打率を見てみましょう。

【相手投手の左右別打率】
対左投手 83打数20安打4本塁打 打率.270
対右投手 155打数41安打3本塁打 打率.265


このように、会沢選手は相手投手の左右に関わらず、打率を残せる打者といえます。右投手でも、アウトコースに対して、右方向へ強い打球が打て、それが右投手に対しても左腕とそん色ないくらいの長打力を発揮している要因となっています。

ところで…

昨季は捕手として、かなり苦しいシーズンだったのではないでしょうか。特に、昨年限りで現役を引退した石原慶幸さんと名コンビだったK・ジョンソン投手とバッテリーを組む機会が増えましたが、結局、シーズンでは1つの勝利も挙げられないままとなりました。本人同士は呼吸が合っていないという意識はないのでしょうが、どこかK・ジョンソン投手がマウンド上でイライラする様子が多かったように見えました。

一方で坂倉選手は森下投手とのバッテリーで8勝、九里投手と組んで5勝と、昨季の先発の軸となった投手に対して、勝利に導くリードを見せました。そこには、若いがゆえに思い切り内角を突いていくリード、それに投手が強気に応えたという印象がありました。

会沢選手はこのところ、どこか外角寄りの配球になっているように思います。それゆえに、内角を活かしたピッチングをしなくてはならない投手、強気に内角を攻める投手とのバッテリーがあまりうまくかみ合わず、むしろ外角中心の攻めをする遠藤投手や中村祐投手と相性が良かった…こういったところにも、リードが外角に偏りすぎていることが表れているのでしょう。

思えば、石原慶選手も現役時代に外角一辺倒なリードになっていた時期がありました。しかし、マエケンや黒田博樹さんら、投球術に優れた投手との出会いで、再びインサイドワークを使ったリードを見せるようになりました。

今のカープの先発陣を見ると、強気に内角を攻められる投手も増えています。こういった投手と組み、もっと積極的に内角を突くリードを見せてくれれば、もっと石原慶選手に近づいていけるように思います。打撃は大胆さがある会沢選手ですが、リードはどこか繊細…今年は石原慶選手ももういないだけに、捕手として本当の意味での独り立ちをする年だからこそ、打撃と同じように、もっと荒々しい、大胆なリードを時折見せて、正捕手として君臨してほしいと思います。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!

スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる