FC2ブログ

<KUNIの雑感668>小柄という個性を活かして

<KUNIの雑感668>小柄という個性を活かして

2月27日に那覇で行われた巨人との練習試合で途中出場ながら2安打を放ち、1塁へ出塁した羽月選手。そのときファーストを守っていたのが、最近やたらと話題になっている巨人のドラフト5位の高校生ルーキーの秋広優人選手。この2人がファーストベース上で並びました。

羽月選手は今のカープの現役選手で最も身長が低い167センチ。対して、巨人・秋広選手はあのジャイアント馬場さんが巨人の投手時代に公表されていた身長と同じ200センチ。日本人選手では史上最も身長が高い選手とされていましたが、秋広選手はまだ18歳で、入団当初よりもさらに2センチ伸びたらしく、202センチ。羽月選手との身長差は実に35センチです。

そういえば、この日の試合で、ファーストにクロン選手が守っているとき、秋広選手がヒットで出塁し、2人が並ぶ場面がありました。あのエルドレッドさんを思い出すほど大柄なクロン選手は身長196センチ。秋広選手はクロン選手をさらに6センチ上回るため、クロン選手が背伸びをするという一幕も。

カープでは身長が200センチを超える日本人選手は過去にもいませんが、外国人選手となれば、2012年から3年間、主に守護神として活躍したキャム・ミコライオ投手が205センチで、カープ史上最高身長の選手となっています。

さて、話は戻して…

羽月選手が秋広選手と並べば、まるで親子ほどの身長差がありますが、このところ対外試合でもタイムリーを放ったり、盗塁を決めたりと、懸命に自分自身の持ち味を発揮し、アピールしています。打撃も昨季と比較して、打球にさらに力強さが出てきたという印象です。

そもそも、カープはドラフトで選手を指名する際に、特に身長に関しては目安となる基準を設けていたそうです。羽月選手は身長ではその基準を満たさず、例年であれば指名しない方向となる予定でしたが、思い切りの良い打撃や二遊間が守れ、俊足であり、ガッツもある…カープ野球にふさわしい選手ということもあり、ドラフト7位でしたが指名に至りました。

小柄な野手は1軍クラスの投手の球に力負けしやすい傾向があるようですが、そこを不断の努力でカバーできる、それくらい練習熱心な選手ならば、むしろストライクゾーンが狭いために、相手投手からすれば、嫌らしい打者に感じさせることができます。そこに選球眼と小技を磨き上げれば、これほど上位打線に適した選手はいない…そんな魅力を作り上げることが出来るでしょう。

つまりは、個性というのは非常に重要だと思うのです。その選手の特性をいかに最大限に発揮するか、「小柄な選手は…」と先入観を持たず、それをプラスに変えていくことが出来れば、魅力あふれる選手に成長する可能性も膨らんでくると思います。だからこそ、羽月選手も小柄な選手ではありますが、個性を活かしてチームにとって大きな選手になってほしいものです。

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
8位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる