FC2ブログ

<KUNIの雑感675>順調すぎても怖いのがオープン戦

<KUNIの雑感675>順調すぎても怖いのがオープン戦

オープン戦と公式戦とでは、雰囲気も相手の本気度もまるで変わってきます。そのため、「オープン戦ではあんなに絶好調だったのに、シーズンに入った途端、どうしちゃったんだろ…」というケースも良く見受けられます。それはチームとしてもそうですし、選手個人についてもそうですよね。

確かにオープン戦というのは、若手にとっては結果を残し続けていなければ、首脳陣にその年の戦力として見てもらえないかもしれない…そんなプレッシャーはあるでしょう。そのため、がむしゃらにアピールして、ようやく開幕1軍をつかんだというところで、ホッとしてしまう…開幕1軍がゴールではないことは重々承知していても、どうしても気が緩んでしまうところもあるでしょう。そこに完全実戦モードに切り替えた他球団が襲い掛かってくることで、悪循環に飲み込まれてしまうところもあるのかもしれません。

一方で主力戦からすれば、あくまでも照準は開幕。そのため、課題が出ても、オープン戦のうちに消化すればいい…逆に言えば、オープン戦のうちに課題が出てくれば、開幕までに改善できるという見方ができます。

12日の北海道日本ハムとのオープン戦で登板した大瀬良投手も、登板前は打たれてもいいから、課題を見つけ出したい…と語りました。また、開幕から逆算して、数週間前にいったん調子を落として、また開幕に向けて上げていく…と語る投手もいました。

いずれにしても、オープン戦で絶好調だと、自分の内在する課題が見つかりにくいということなのでしょう。その内に潜む課題に気づかないままシーズンに入るか、事前に確認できてからシーズンに入るかでは、シーズンに入ってから、心の準備という面でも大きく違ってくるのだと思います。

そういえば、同じく12日の北海道日本ハムとのオープン戦で9回に登板した大道投手が、実戦のマウンドで初めてヒットを打たれ、そして初めて失点を喫しました。

長いシーズンでは必ずこういったことはあるものです。アマチュア時代とプロ野球とでは、試合の雰囲気はまるで違う中で、ヒットを打たれ、失点を許し、「やばいな」と思う場面も多々あるでしょう。そこを気持ちを切り替えて、打者との勝負に集中し、あくまでも平常心で乗り切れるかどうか…それは打たれなければ理解できない部分もあると思います。

その点では大道投手がオープン戦のうちに、「打たれる」経験をしたことは大きかったと思いますし、最終的に失点を最小限にとどめることが出来たことで、打たれたときにどう気持ちを立て直すか…その方法も体感できたと思います。その点では栗林投手や森浦投手は、見事な結果を残していますが、順調すぎるともいえるかもしれません。

オープン戦は若手にとっては結果を残し続けなければならないという思いもあるでしょう。ただ、失敗することで、その課題を修正できるかというのも、首脳陣は見ているはずです。同じ失敗を繰り返せば、当然2軍に回ることになるでしょう。しかし、次の登板で課題を改善できていれば、首脳陣への大きなアピールになるとともに、自分の力にもなるはずです。その点では、大道投手の次の登板が注目されますし、大道投手の表情を見ていると、きっと乗り越えてくれると思っています。

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる