FC2ブログ

開幕ローテーションに野村投手滑り込む(3/21寸評)

◎開幕ローテーションに野村投手滑り込む(3/21寸評)

シーズン開幕に向けて、大瀬良投手、九里投手、森下投手の3本柱の先発ローテーション入りが確定し、その後、なかなか残る3枠が決まらなかったものの、床田投手、中村祐投手が入り込み、残すところ1枠…そこに入り込んだのは、オープン戦では1度のチャンス、しかも王者・福岡ソフトバンクとの対戦を5回無失点で切り抜けた野村投手でした。

カープ先発・野村投手、そのピッチングは野村投手らしさにあふれた圧巻のものでした。

初回、先頭の周東選手に対して、早々に追い込んで、最後は外角高めのストレートで空振り三振。スピードガンでの刑事は134キロと、ストレートとしてはかなり遅いのですが、それでも伸びがあり、球威を感じさせるもの。思わず高めに手を出すのですから、浮き上がってくるような速さを感じたのでしょう。

今日の野村投手は、とにかくテンポが非常に良かったと思います。投じたボールが会沢選手から返球されると、すぐさま次の球を投げる…相手に間を取らせず、しかも考えるスキも与えず、あくまでも自分のリズムで淡々と投げこんでいきました。そんなリズミカルなピッチングがあったからこそ、例えば初回にレフト線へ抜けようかという当たりを堂林選手が好捕するなど、守る野手にもリズムが出ていたのだと思います。

リズミカルなピッチングだけでなく、変化球も多彩で、低めに集める丁寧さがありました。特に4回表、柳田選手へ投じた決め球に対して、柳田投手は空振り三振。スピードは133キロとけして速くないのですが、どこか手元で微妙に変化したようで、柳田選手の口から「なんだ、今の?」と聞こえたような…ツーシームと思われる球は、パリーグ屈指の打者から見ても、その変化に驚かされるものだったのでしょう。

ランナーを出しても冷静なピッチングで切り抜け、結果的に5回を投げて、被安打はわずか2、無失点という素晴らしい結果を残しました。ストレートは最速135キロと、年々球速が落ちてきているのが気になりますが、それでも柳田選手を幻惑させたツーシームのように、そのストレートを微妙に動かし、さらにスライダーやカットボールなど多彩な変化球でさらに幻惑する…野村投手の持ち味を十分に発揮し、相手を戸惑わせる、巧みな投球術を見せつけました

これで開幕ローテーションの6枠目に野村投手が入り込んできました。これで開幕カードは初戦から順に大瀬良投手、九里投手、野村投手、2カード目は森下投手、床田投手、中村祐投手が投げることになるのでしょう。これでついに今年の開幕ローテーションが固まり、スタートを切れる態勢が整いました

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
9位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる