FC2ブログ

<KUNIの雑感681>ではまずはパリーグの順位予想から…

<KUNIの雑感681>ではまずはパリーグの順位予想から…

シーズン開幕を明後日に控える今年のプロ野球。まだ新型コロナウイルスの不安との戦いが続いているようですが、今年は昨年の経験も活かしつつ、予定通りのスタートを切ることになりそうです。

というわけで、毎年恒例の開幕前順位予想をしてみたいと思います。毎年、たいして当たっているわけでもないですし、あくまでも予想なので、そのあたりは大目に見ていただければと思います。今回はまずパリーグから。

1位:福岡ソフトバンク
2位:埼玉西武
3位:オリックス
4位:東北楽天
5位:千葉ロッテ
6位:北海道日本ハム


戦力の厚み、そしてとりわけ勝負どころでの抜群の強さ、そして何よりも勝つ野球を選手全員が知っている…やはり福岡ソフトバンクを優勝候補にしないわけにはいかないでしょうね。打線の援護が最小限でも、投手力で勝利につなげられるというディフェンスの強さを随所に感じます。守り勝てるチームはやはり強いので、優勝候補の最有力の座は揺るがないでしょうね。

2位は埼玉西武を選んでみました。毎年、投手力が課題とされているチームですが、最低限試合を作れる先発と、守護神がいるということ、あとは何といっても打撃力。機動力とパワーが見事に融合しているだけに、その破壊力は12球団屈指。打線頼みのチームだけに、スロースタートになりがちですが、シーズン中盤以降の巻き返し力はパリーグでもトップクラスでしょう。

さて、今年のパリーグで最も注目される存在といえば、東北楽天でしょうね。何といっても、あの田中将大投手が復帰したこと…これはチームに、そしてパリーグそのものに、大きな影響をもたらすと思います。

ただ、カープに黒田博樹さんが復帰した2015年、チームは4位に終わりました。その影響が全体に波及するまでには時間がかかるとともに、その当時は緒方孝市前監督の就任1年目だったこともあるでしょう。

そう考えると、今年の東北楽天は、石井一久新監督の就任1年目、しかも、このところ毎年のように監督が代わっているというチーム状況…そういったことを総合的に考えると、田中投手が戻ってきたから、すぐに優勝というのは難しいのではないか、本当の意味で田中投手の影響がチームに波及し、石井監督の野球が波及するにはもう少し時間がかかるのではないかと思っています。

そこで3位には、昨年最下位のオリックスを選んでみました。昨季のオリックスは、開幕直後の千葉ロッテ6連戦で6連敗…スタートでいきなり大きくコケてしまったのが、最後の最後まで尾を引いた印象があります。しかし、オリックスは山本由伸投手を筆頭に、山岡泰輔投手や田嶋大樹投手、そして若い宮城大弥投手も芽を出しつつあります。そこへ打線がうまくかみ合ってくれば、上位進出もありうるのではないかと思っています。

そんなわけで、次回はセリーグ編です。

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる