FC2ブログ

ミスをカバーしながら、エース復活勝利!(4/2寸評)

◎ミスをカバーしながら、エース復活勝利!(4/2寸評)

エース・大瀬良投手の右ひじの手術からの復活勝利は、昨年、自身のプロ初ホームランなどで開幕戦勝利を挙げた、相性の良い横浜スタジアムで飾りました。

大瀬良投手は初回から、ボールを低めに集める丁寧なピッチングを展開したように思います。ストレート、カットボール、フォーク、カーブなどなど、緩急をつけながら、変化球も含めて低めに投げることで、相手打者を打たせて取っていました。相手は開幕から勝利が付かないという状況で、焦りもあるのか、早打ちが目立ちましたが、大瀬良投手はそれを逆手にとって、うまく相手を打たせ、球数をセーブした省エネ投球を見せました。

そんな今日の試合を振り返ってみると、ミスが出ても、それを上手くカバーしたということではないでしょうか。

初回、1死1塁から西川選手はファーストゴロ。しかし、1塁からセカンドへの送球を、大和選手がはじく間に、ランナーの菊池涼選手は一気に3塁を蹴って、一気に本塁を狙おうとするもオーバーラン。三本間に挟まれてアウトとなってしまいました。積極的に次の塁を狙ったものの、中途半端な結果となりました。

しかし、鈴木誠選手が四球の後、打撃の調子が上向き始めた印象のある松山選手がしぶとく三遊間を破るタイムリーを放ちました。ここで無得点に終わっていれば、エースを早々に援護することが出来ず、相手の術中にハマっていた可能性もあります。ミスが出た直後に出た松山選手の先制打は、非常に大きなものでした。

さらに8回。マウンド上には2番手・塹江投手。先頭の細川選手のサードゴロを、守備固めで入っていた矢野選手がファーストへ悪送球してしまいました。そこから四球とエラーで2死満塁のピンチを招きますが、続く関根選手の強烈なサードへの打球を、矢野選手が名誉挽回とばかりに横っ飛びでキャッチ!!見事にグラブに収め、このピンチを脱しました。自らのエラーをファインプレーで返し、何とかリードを守りました

9回には3番手・栗林投手が先頭の牧選手に四球を与えてしまいましたが、続く佐野選手のファーストへの強烈な打球を、今度は堂林選手が好捕!抜けていれば、無死2・3塁のピンチになっていたことでしょう。それを見事に防ぐことができ、結果的にゼロで抑えることに成功しました。

これでエース・大瀬良投手が嬉しい復活勝利!右ひじの手術から見事に復活を遂げました。それとともに、昨夜の阪神戦で、相手の守備と交錯し、両肩を抱えられながらベンチに下がった西川選手が、元気よくスタメン出場し、6回には貴重な追加点となるホームランを放ちました。こちらも、大事なくて本当に良かった!

打線はどこかあたふたしている印象はありますが、投手陣が踏ん張っていることで、勝ち星を積み重ねることが出来ています。そして、敵地での3連戦をまず勝利することが出来た、最後まで相手打線をゼロに封じて終えることが出来た…これは大きな1勝だと思います。この調子で、まずは敵地でのカード勝ち越しを目指してほしいと思います。

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる