FC2ブログ

取られたら、すぐに取り返す!(4/3寸評)

◎取られたら、すぐに取り返す!(4/3寸評)

今日のカープは取られたら、すぐに取り返す…開幕からなかなか勝つことが出来ない相手に対し、カープ打線は精神的に戦意を喪失させるような効果的な攻撃を見せてくれました。

まずは1点を先制された直後の3回表、今季初のスタメン出場となった安部選手が2ボールから、相手がストライクを奪いにきたところを狙い打ちし、左中間スタンドに「覇気」で放り込む同点ホームラン!さらに、2死から菊池涼選手が内角の球に上手く身体を回転させて、レフトスタンドに逆転となる一発をたたき込みました。

2回裏の横浜DeNAの攻撃は1本のヒットからの犠牲フライで1点を挙げました。効率の良い攻撃で、きっと「今日はいける」と感じたことでしょう。相手に傾いた流れでしたが、そこをすかさず安部選手と菊池涼選手の豪快アーチ。これは相手へ衝撃を与えたと思います。さらに5回表の坂倉選手のグランドスラムは、2死ランナーなしからの一発だけに、効果絶大な一発でした。

カープ先発の九里投手は、今日はボールが甘く入ることも多く、けして調子は良くなかったように見えました。ただ、要所要所でしっかりと低めに投げきっていたこと、さらに開幕から勝ててなく、打ちたい思いばかりが先行している相手打線の焦りにも助けられたように感じました。ただ、悪いながらも試合を作るピッチングには頼もしさを感じます

そしてカープにとって心強さを感じるのは、7回以降の中継ぎ陣。今日は4点のリードがあり、セーブシチュエーションではなかったために、守護神・栗林投手を使わない継投となりましたが、森浦投手、ケムナ投手、大道投手とつなぐリレーは、それぞれが持ち味を発揮し、相手の反撃を阻止してくれました。

特に大道投手は、ここのところ、自慢のストレートが140キロ台前半にとどまっていたのが気になっていました。しかし、今日は最速の150キロをマークし、要所で投げるスライダーもキレ味がありました。プロ初登板を終えて、大道投手らしいピッチングを取り戻したように見えました

リードしている最終回で登板するということは、栗林投手に連投があった際の守護神の代役としても考えているということでしょうし、今日はそのテストも兼ねていたのかもしれません。それを三者凡退という素晴らしい結果を残しただけに、今後の起用も注目されます。

昨季のカープは調子の悪い相手と対戦すると、自分たちまで調子を落とすという、長くBクラスに低迷していた時代には良く見受けられた傾向がありました。しかし、今のところではありますが、調子が上がらない横浜DeNAにしっかりと連勝しました。この点は昨季と違う部分かもしれません。この調子で明日も投打のかみ合った試合を見せてほしいところです。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる