FC2ブログ

やっぱり粘って、守っては大切ですね(4/9寸評)

◎やっぱり粘って、守っては大切ですね(4/9寸評)

カープはエース・大瀬良投手、そして巨人の先発はエース・菅野投手。ただでさえ打線は得点力不足に苦しんでいる状況の中で、いかに僅少差を守り抜くか…これは今夜、この試合を勝利するためには最も重要なポイントだったと思います。そしてカープは初回の2点を最後まで守り抜いた、対エースという点では理想的な試合運びだったと思います。

ところで…

前夜が守りの隙を突かれ、投手は粘り切れない…そんな試合で、初回の4点リードもその直後にあっという間に吐き出してしまい、大量失点で敗れてしまっただけに、今夜の試合は本来のカープらしい「守り勝つ野球」であり、やなりしっかりと粘っていく、そして守り抜くということは重要だということを感じるものでした。

カープ先発・大瀬良投手は5回以外は毎回ランナーを背負い、しかも4度は先頭打者を出塁させてしまう苦しい投球でした。今までの省エネ投球とは打って変わり、3回までの60球を要するほどに、相手打者にも粘られ、球数がかさんでしまいました。しかし、それでもマウンド上ではしっかりと粘り、相手に決定打を許しませんでした。

7回には森浦投手が、いきなり連続四球で無死1・2塁とピンチを招きました。前回、プロ初失点が初黒星となってしまっただけに、どこか腕が振れていない印象でしたが、ピンチの場面でギアを入れ替え、2死2・3塁から梶谷選手に対しては、インローへ素晴らしいストレートを投げ込むと、最後は外角のストレートをひっかけさせ、この大ピンチを見事に乗り切りました。

8回の塹江投手も先頭打者にヒットを許しました。続く大城選手の当たりも左中間方向へ飛ぶ捕えられた当たり。しかし、この打球に反応良くスタートを切ったセンター・大盛選手がヘッドスライディングで見事にキャッチ!!抜けていれば、当然ピンチが広がり、同点、逆転につながっていたかもしれません。それを見事に防ぐ超ビッグプレーでした。

最後は栗林投手が、今度は先頭打者をしっかり抑え、1死からランナーを許しても、坂本選手をセカンドゴロゲッツーに抑え、最後を見事に締めてくれました。見事な完封リレーでしたが、相手の残塁は実に11…それだけ、カープの投手陣がランナーを出しながらも粘り良くつなぎ、最後までゼロを並べたということでしょう。素晴らしく、執念の継投を見せてくれました。

守りで勝利を逃した昨夜…そこから移動日なしでのハードスケジュールの中での試合は、見事な守りの勝利となりました。初回に菅野投手から一発を放った菊池涼選手、鈴木誠選手も見事でした。1点を奪うのが難しい投手だけに、初回に2発のホームランが飛び出したのは、非常に大きなものであり、だからこそ、そのリードを守り切らないといけなかった…それを見事に守り切った素晴らしい勝利だったと思います。

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる