FC2ブログ

7回裏の攻撃を見て一句…

7回裏の攻撃を見て一句…

無死2塁
そのバント、ホントに
必要か?


7回裏、2-0とカープのリードで迎えた攻撃は先頭打者の長野選手のショートゴロは、相手のワンバウンド送球をファーストが捕球できず、後ろにそらしている間に、2塁までランナーを進めました。相手のミスから得た大きなチャンスでした。

この場面で、続く打者の田中広選手はバントの構え。しっかりと3塁方向に打球を転がし、バントは成功し、1死3塁とチャンスは広がりましたが、果たして2-0と、2点リードした展開で、さらに1点を奪いたい気持ちは分かりますが、この場面でのバントは果たして必要だったのでしょうか?

私は思うんです。
そのバントは本当に必要だったのか、と。


田中広選手を仮に打たせたとしても、右方向へ引っ張れば、2塁走者は3塁へ進むことが出来ます。わざわざバントをしなくとも、進塁打ならばランナーを進められます。打球によっては、一二塁間を破るかもしれない…

今の田中広選手の打撃の調子を考えると、どうしてもバントに傾いてしまうのでしょうが、2塁走者を俊足の大盛選手に代えているため、ランナーが2塁でも3塁でも、1本のヒットでホームへ生還できる可能性も十分にあります。そう考えると、わざわざバントまでして3塁へ進ませる意味は、そんなになく、むしろ1つのアウトをプレゼントしたに過ぎなかったのではないかと思うのです。

田中広選手が犠打で送り、1死3塁としたのであれば、この場面は是が非でも1点を奪わないといけませんでした。しかし、相手はエースの菅野投手。ここに対して、真っ向勝負を挑んで、無失点に抑えられてしまいました。真っ向勝負ではどうしても分が悪い…

ここでスクイズしてでも1点を奪いにいく姿勢を少しでも見せてほしかった。相手は「まずスクイズはない」という感じで、真っ向勝負してきましたが、相手は「こういった場面で、相手は打ちにくるのみ」というデータもあるのでしょう。まるで警戒することなく、打者との真剣勝負が出来る環境を与えてしまいました

次の1点を奪えば、より勝利に近づける場面でした。だからこそ、1点への執念をもっと持ってほしかった…1つのアウトを犠牲にしたのなら、もっと多彩な攻撃を見せても良かったのではないかと思います。結果的に勝利は収めましたが、野手陣の攻撃のバリエーションは、練習の場だけでなく、こういった重要な局面でこそフルに活かしてほしいところですし、それをすることで「今年のカープは違う」というところを相手に意識付けでき、今後の戦いにも活きてくるようにも思います

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
9位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる