FC2ブログ

<KUNIの雑感689>1点を与えないこと

<KUNIの雑感689>1点を与えないこと

6日、神宮球場での東京ヤクルト戦で先発した森下投手は、119球の力投で、今季初完封勝利を挙げました。すでに8回を終了した時点で100球を超えていた森下投手ですが、志願して登板した9回には、いきなり無死2塁のピンチを招きながら、その後にこの日最速となる152キロのストレートを投げ込むなど、ピンチを断ち切りました。

この日、森下投手は…

「(1点入ると)明日につながる展開になってしまう。終わり方は大事だと思うので、最後まで点を取られたくなかった」

と語りました。

例えば、0-0という投手戦の展開で、終盤に一方が1点を挙げたことで均衡が破れると、一気に試合展開が変わることは良くあることです。また、たとえ10-0で大量リードしていても、最終回に追い上げられ10-5で試合が終わったといった場合、負けた側は最終回に粘りを見せ、「明日につながる」と感じることでしょう。

試合の流れとはそんなものなのでしょう。1点によって流れは変わり、それは試合単位でもいえることですが、3連戦という「カード」単位で考えても同じことが言えます。明日に向けて、相手に流れを渡したくない、相手に「粘ったから良かった」と少しのプラス材料も与えずに締めくくりたい…森下投手の語る「終わり方」というのは、非常に重要なことだと思います。

9日、マツダスタジアムでの巨人戦は、2-0でカープがリードした7回表。

マウンド上には2番手の森浦投手が上がり、2死満塁のピンチの場面で、梶谷選手をショートゴロに抑えました。このショートゴロを田中広選手がキャッチしたものの、送球時にボールを握り直したのか、ワンバウンド。その難しい送球を、ファーストは不慣れな坂倉選手が、ファーストベースから足が離れないように、必死に足を大きく広げてキャッチ。間一髪アウトとなり、ピンチを脱しました。

もし、ここで坂倉選手が後ろにそらすまいと、ボールを待って取っていれば、当然間に合わなかった…つまりは1点を奪われていたことでしょう。万が一、後ろにそらしていれば、あっという間に同点にされていました。非常に難しい処理でしたが、このプレーで相手に得点を与えませんでした。

この1点を許さない姿勢…2点リードだから、1点までは取られても良いという考えならば、仮に1点を取られたとき、その「1点」でとどまることが出来るかは分かりません。この1点によって、相手に一気に流れが傾くわけですから。

さらに、もしここで失点を喫していれば、前回の登板でプロ初失点がプロ初黒星につながった森浦投手にとっては、2試合連続で失点を喫した…となり、その後のメンタルに影響があったかもしれません。ファーストに不慣れな坂倉選手ですが、懸命のプレーが勝利につながり、森浦投手の次のピッチングにも良い形でつながることになるでしょう。

1点が試合の流れを、さらにはその3連戦の流れを大きく左右することは多々あります。いくらリードがあっても、しっかり相手の攻撃をゼロで断ち切って終えることが、次のイニング、次の試合へ向けて重要なのだと思います。

それは逆もしかりで、どんなに劣勢でも諦めずに1点を奪うことで、試合の、そして連戦の流れはいくらでも変化する可能性があるということ。森下投手のゼロのまま終えたいという姿勢、そして大量ビハインドでも最後に1点でも奪う姿勢…次につながる形で終えることもまた、チームにその雰囲気を醸成し、逆境を跳ね返せる強さを生み出すのかもしれませんね

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる