FC2ブログ

1イニング3安打の可能性が低い相手に対して出来ること(4/23寸評)

◎1イニング3安打の可能性が低い相手に対して出来ること(4/23寸評)

相手は巨人のエース・菅野投手。だからこそ、1イニングに何本もヒットを打てる可能性は低い…

そうなると、カープは投手陣が踏ん張る必要があり、無駄な失点を与えないことが求められ、どうしても得点は一発によるものに偏りがちになります。カープ・九里投手vs巨人・菅野投手の投げ合いは手に汗握るものとなり、ともに完投するという、現代のプロ野球には珍しい展開となりましたが、結果的にはソロ1発のカープが、2ラン1発の巨人に僅差で敗れるという結果に終わりました。

九里投手はストライク先行の攻めのピッチング。再三ピンチもあったのですが、結果的に奪われた得点は、5回の大城選手に浴びた2ラン。その一発があまりにも痛かったのですが…。ただ、要所要所を締めるピッチングを見ていると、九里投手は昨年の後半あたりから、自分のピッチングというものをつかんだようなイメージがあります。

それとともに、3回の梶谷選手の一二塁間を抜けようかという当たりのゴロ、そして6回の鋭い当たりのセカンドへのゴロを華麗にさばいた菊池涼選手のプレーも、九里投手の投球を大きくアシストしました。菊池涼選手の好守だけは、カープのリーグ3連覇の頃からまるで色褪せませんね。

さて、攻撃陣。
やはりホームランでしか得点が奪えなかったか…という感じです。


試合前の見どころでも書いたように、相手は球界を代表するエース・菅野投手だけに、そう簡単に1点は奪えませんし、ましてや1イニングに3本のヒットを集めることは、可能性として非常に低いわけです。つまりは、今のカープの得点能力、そして「策」のバリエーションが如実に表れるといっても良いでしょう。

その点で、今夜の試合は鈴木誠選手のソロホームランによる1点に終わりました。それを見ていると、今のカープの打線の状況からして、「やはりな…」という印象でした。唯一、2本のヒットが出た2回表も、無死1・2塁の場面から、結果的に満塁まではチャンスを広げたのですが、あと1つ先の塁が遠い…結局、3塁まで進めてから、どう得点を奪うかというバリエーションの少なさ、そして采配面でも1点ずつでもいいから、じっくりと得点を積み重ねていく執念のなさを感じます

今日の試合を見ていると、相手が好投手になったときに、なぜホームランでしか得点が奪えないのか、そして天敵とされる投手が多いが分かるような気がします。そもそも、1イニングに3本のヒットが期待できない相手に対し、2本目のヒットが出た時点で、3本目に依存しすぎるからなのでしょう。「では、ここからヒットなしで得点を奪うにはどうしたら良いか」を考え、それを実行していくことが重要なのだと思います。

もっと泥臭く、それこそ失敗してもいいから、仕掛けていけないか…盗塁を仕掛けるにしても、あくまでも1塁走者を2塁に進めるというスタンダードなものばかりで、ダブルスチールや3盗はほとんどありません。いろんな攻撃のバリエーションを見せつけてこそ、相手は「何をしてくるか分からない」と思わせることが出来るのだと思います

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる