FC2ブログ

7回表の攻撃を見て一句…

7回表の攻撃を見て一句…

韋駄天を
ベンチに置いてちゃ
もったいない


2回表、1点を返して、なおも2・3塁の場面で、高橋昂投手はフルカウントまで粘りながら、最後は空振り三振に終わりました。その直後、巨人は1死1・3塁の場面で、戸郷投手にスクイズさせ、1点を失ってしまいました。

結果的に4回に、高橋昂投手がチャンスの場面でタイムリーを放ったことで、2回の攻防の印象が薄くなりました。ただ、この2回は、いずれもチャンスで投手が打席に立つ場面で、かたや打たせにいって失敗し、かたや投手であれスクイズで点を取りに行った…攻撃パターンがどれだけあるか、その違いを感じさせられる場面でもありました。

そして私が注目したのは7回表

カープが1点リードしている局面で、カープとしてはもう1点が欲しいところ。そこで、先頭打者の会沢選手がレフト線へ痛烈な2塁打を放ち、さらに羽月選手がバントを決めて、1死3塁というチャンスを迎えました。

打席には代打・長野選手。その当たりはサードへのやや高いバウンドの打球で、3塁走者の会沢選手がホームに突っ込んできましたが、相手のホームへの返球が素晴らしかったこともあり、間一髪でアウトとなってしまいました。結局無死2塁のチャンスは、バントで1つのアウトを犠牲にしても、得点に結びつけることは出来ませんでした

ここで私が思うのは、なぜバントで1つのアウトを犠牲してまで、サードにランナーを進めたのに、会沢選手に代走を送らなかったのか。是が非でも1点が欲しい局面でしたが、その「欲しい」という思いが、しかも9回打ち切りというルールがある中で、積極的に選手起用が出来る環境があるにもかかわらず、どうも中途半端に終わりました

ベンチの捕手は坂倉選手もいて、さらに磯村選手、そして万が一の場合には中村奨選手もいます。そして曽根選手という代走要員もいたわけです。1死3塁の場面を作っておきながら、そして代打に長野選手を送りながら、なぜか代走は出さない…すでに7回表と、試合の終盤であるにもかかわらず、これがどうも中途半端であり、攻撃としての執念を感じないのです。

相手の守備も、会沢選手の足ならば、ある程度、心にゆとりをもって守備につけたと思います。しかし、もしこれが代走に曽根選手を送っていたら…相手は当然、ゴロに対してより素早さが要求される中で、多少ボールがそれたり、そもそも本塁への送球を諦めなければならなかったりと、1点を奪える可能性は高まったと思います。

どうせ1点を奪いにいくならば、特に試合の終盤で1点というものの重みが増す場面では、打者に対して中途半端な姿勢を求めないのであれば、采配も中途半端はいけません。結果的に、西川選手が2ランを放ってくれたことで、どこか7回の攻撃が、帳消しになった印象ですが、もし1点差のままであれば、どうなっていたかは分かりません。取れる時に確実に取る、1点を取りに行く采配をしたなら、最後までベンチメンバーを駆使しながら、徹底して1点を奪いにいく…その姿勢を見せてほしいものです。

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる