FC2ブログ

ギャレットさん、死去…

●ギャレットさん、死去…

1977年から3年間、カープでプレーしたエイドリアン・ギャレッドさんが、22日肺炎のために亡くなりました。78歳でした。

ギャレッドさんは、1966年にアトランタ・ブレーブスでメジャーデビューを果たし、その後、カブス、アスレチックス、エンゼルスでプレーし、メジャー通算51安打、11本塁打をマークしました。1977年にカープに入団すると、1年目から打率.279、35本塁打を放ち、翌年には40本塁打とそのパワーをいかんなく発揮。当時の広島市民球場で行われたオールスター戦では1試合3本塁打を放ち、MVPも受賞しました。

1979年は打撃不振に苦しむも、27本塁打を放ち、チームのリーグ優勝にも貢献しました。不振の影響もあって、日本シリーズでは、スタメンから外れることもありましたが、2連敗で迎えた第3戦に代打で出場し、センター前に逆転のタイムリーを放ち、この試合に勝利したことで、カープはこのシリーズの流れをつかみ、チーム初の日本一につながりました。

当時はカープ史上屈伸の外国人選手であったライトル選手とともに、2枚看板だったギャレットさん。カープではおおむね外野を守っていましたが、チームがピンチの際には捕手としての出場も12試合ありました。それだけ起用であり、さらに左のスラッガーでもありと、多彩な顔を見せた選手でもありました。

ギャレッドさんは現役当時、「義理人情に厚い」選手として、チームメイトからも慕われる存在だったといいます。また、監督の方針やサインに不平不満を漏らすことなく、忠実に従い、結果を残した選手でもあったようです。それだけ日本の環境に馴染んだギャレッドさんはカープでの3年間で、通算打率.260、102本塁打…これは輝かしい成績であり、カープ史上、屈指の強打者の外国人選手の1人でした。

私自身、世代的にまだ幼い頃だったので、VTRくらいでしかプレーしているところを見たことはないのですが、チームの初優勝からシェーン選手、ホプキンス選手、ライトル選手、ギャレッド選手…チームが黄金期と呼ばれた1970年代後半から80年代前半には、強打の外国人選手が活躍していました。そのうちの1人、ギャレッド選手が亡くなったというのは、何とも寂しい限りです。

ギャレッドさん、安らかに・・・

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

ギャレット選手

ギャレット選手、私が中学生のころ活躍されていたので、よく覚えています。
印象に残っているのは、カープが1979年に優勝を決めた試合でのホームランです。(さきほど調べたら2ランホームラン。)最後に江夏が点をとられたので、これがなかったら…というホームランでした。
ご冥福をお祈りします。
フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
9位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる