FC2ブログ

セリーグ順位表(4/25終了時点)

◎セリーグ順位表(4/25終了時点)

4/25終了時点でのセリーグの順位表です。

順位チーム勝率
阪神251870.720-
ヤクルト251384.6193.0
巨人271494.6090.0
広島2612122.5002.5
5中日268144.3643.0
DeNA274194.1743.5

まだ今シーズンも2割弱の日程を消化した段階ですが、今のところ、阪神が貯金11と首位を快走しています。そして、ここへきて東京ヤクルトが一気に貯金を積み重ね、2位に浮上してきました。最下位・横浜DeNAはすでに借金が15までかさみ、首位とは13ゲーム差となっています。

ところでまだシーズンも開幕から1ヶ月ちょっとした経過していないので、今後どのように変化するのかは分かりませんが…

例年は比較的、チーム防御率の順位がリーグの順位につながりやすい傾向が強いのですが、今季はチーム打率の順位が今の順位を大きく左右しているように思います。実際、セリーグの阪神、パリーグの福岡ソフトバンクのチーム打率はリーグトップです。一方、チーム防御率がセリーグ2位の中日、パリーグトップのオリックスはともに目下5位です。

また、引き分けが少ないチームが上位にきている傾向もあります。セリーグ首位の阪神は12球団で唯一の引き分けなし。一方、パリーグ首位の福岡ソフトバンクは引き分けが3試合と、パリーグでは最少です。

今季は新型コロナウイルスの影響で「9回打ち切り」の特別ルールの中で行われているせいか、いかに9回という限られたイニングの中で決着を付けられるか…そのためには打線は序盤から得点を奪えるだけの力があり、試合を優勢に戦える確率を高められるかが求められるのでしょう。逆転に期待するよりも、リードを早く奪いそれを守りきれるかがカギなのだと思います。

カープは現在勝率5割で4位。チーム防御率はリーグ4位ですが、チーム打率は阪神に次いで2位です。ただ、総得点80に対して、失点は90。失点が多い中で勝率5割というのは、打線が機能せず完封負けが多いこと、栗林投手の存在で僅差を逃げ切っている試合が多いこと…この2つの要因が強いのでしょう。

それはつまり、打線の得点力が増してくれば、順位を上げられる可能性があるということ。このところ、羽月選手、小園選手、中村奨選手といった若手が存在感を示し、チームに活気を与えています。中堅、ベテランばかりだとどうしても、攻撃パターンが陳腐化してしまいますが、新しい力は画期的な戦略も可能にします。若手の元気でチームが活性化してくれば、課題の得点力に改善の兆しが見えてきそうです。

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる