FC2ブログ

最終戦で広瀬選手が大爆発!

◎最終戦で広瀬選手が大爆発!

最後の最後にカープが4連勝を決めました。なぜこれが9月に出来なかったのか…ここ一番での勝負弱さばかりが浮き彫りになった今季のカープ。しかし、今季の公式戦で唯一大勝した横浜DeNAを相手に、最後の試合を8-1という大差で勝利できたことは、来季のこのカードにもつながってくるのではないでしょうか。最後を締めるにふさわしい試合を見せてくれました。


その中でとりわけ目立ったのが広瀬選手でした。今季は非常に苦しいシーズンでもあったかと思います。その中で、1点を先生された直後の6回には、2死1・2塁の場面で広瀬選手はレフト線への痛烈な2塁打を放ち、セカンドランナーだけでなく、ファーストランナーの堂林選手も果敢のホームを狙い、一気に逆転を果たしました。堂林選手の好走塁も光りました。

そして、圧巻なのは7回。横浜DeNA・5番手の藤江投手が前嫌悪2塁打を足がかりに制球を乱し、4つの四死球で2点をもらうと、打席には広瀬選手追い込まれながらも最後はしっかり振りぬき、打球はレフトスタンドへのグランドスラム!!この日、猛打賞を決める3本目のヒットは圧巻の満塁弾となり、勝負を一気に決定付けました。

今季を終了して、打率は.241。かつては打率3割を残した打者であり、本来はライトのポジションで、しかも主軸を討ってもらわなければならない立場でありながら、この成績に終わってしまったことは非常に残念ではありました。しかし、最後の最後に6打点の大爆発を見せた、「終わりよければすべてよし」という甘い世界ではありませんが、今季の悔しさ、そして最後の最後で見せた大爆発…来季へつなげてほしいと思います


一方で、先発のマエケン。9回を完投し、見事14勝目を手に入れました。防御率は1.53で2年ぶりに最優秀防御率のタイトルを確定させましたが、最多奪三振のタイトルは巨人・杉内投手にわずか1つ、最多勝のタイトルも巨人・内海投手にわずか1つ届きませんでした。最多奪三振に関しては、阪神・能見投手があと1試合残しているだけに、3位転落の可能性も高いでしょう。

しかし、今季もエースとして、しっかりタイトルを獲得したマエケン。でも、タイトルもほしいでしょうが、本当にほしいのはチームとしてのタイトルであり、そのタイトルを獲得するために、自分自身もエースとして貢献するということなのではないでしょうか。チームも強くなってこそ、真のエース…マエケンは力を発揮しているけれども、チームとしてマエケンを活かしきれていない現状だけに、来季はCSに100%進出できる体制を整えてもらわなければなりません


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる