FC2ブログ

底上げ出来る!期待の戦力(6)~岩見優輝投手~

◎底上げ出来る!期待の戦力(6)~岩見優輝投手~

今日は、「毎年、戦力の底上げと言っているけど、底上げが期待できそうな戦力にはどんな選手がいるのだろう」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、来季、一気に飛躍してきそうな選手を探っていく「底上げ出来る!期待の戦力」。その第3弾として岩見優輝投手を取り上げてみたいと思います


育成を重視したドラフトを行う傾向があるカープですが、3年前のドラフトでカープは即戦力投手を5人指名しました。そのメンバーは、ルーキーイヤーから8勝をマークした福井投手、そして速球派の左腕として中村恭投手と金丸投手、さらに素材型の弦本投手。そして、5人の即戦力投手の中でも、高校、大学、社会人と実績が豊富で、最も1軍に近いのではといわれていたのが岩見投手でした。

変則的なフォームから、非常に力のこもった投球を見せるのが岩見投手。高校時代からその存在はスカウト陣に知れ渡り、指名候補に挙げている球団もあったほどでしたが、社会人を経由して、2009年のドラフト会議でカープが3位で指名しました。

1年目こそ、ルーキーながらいきなり開幕1軍の切符をつかみ、早々にプロ初勝利をマークしましたが、コントロールに難があり、球威がなくなると痛打されることもしばしば…。結局、中継ぎ左腕不足にあえぐチームにあって、一気にその座を掴み取る信頼を掴み取ることは出来ませんでした。

そして2年目…岩見投手にとっては苦しい1年となりました。シーズンが終了するまで2軍の枠を脱することが出来ず、最後まで2軍での生活を余儀なくされました。18試合に登板して4勝2敗、防御率は1.62…その数字だけを見れば、今すぐにでも1軍医呼ばれてもおかしくはない数字が並んでいますが、33.1イニングを投げて17四死球…つまり2イニングに1個は四死球でランナーを出してしまう投球。これが1軍昇格への大きな弊害となってしまいました。


そんな岩見投手がフェニックスリーグから秋季キャンプにかけて、自分本来の投球を取り戻しつつあるそうで、その投球が首脳陣の目にも留まったようです。コントロールに加え、球威をも失いつつあった左腕から放たれるボールに勢いと力強さが蘇ってきたようで、その投球内容は今季への期待が膨らむものだったようです

そうなると、重要なのはこの春にどこまでアピールできるかということになって来るでしょう。1軍の中継ぎ左腕の台所事情はというと、コマ数は豊富なのに、どの投手も決め手に欠けるといったところ。1軍で安定した成績を残せる投手が少なく、それが結果的に戦力不足になってしまっています。

岩見投手の大きなセールスポイントは力のこもった投球。そのためには昨秋に取り戻しつつあった球威を、完全に取り戻すことでしょう。力投タイプの中継ぎ左腕が少ない中で、岩見投手のようなタイプの投手は貴重だといえます。この春、どうアピールし、2年ぶりの1軍切符をつかむか…即戦力投手として入団してきての3年目。正念場から、その球威で1軍に中継ぎ左腕として頭角を現してほしいと思います


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる