FC2ブログ

なす術なく…

◎なす術なく…

結局、1つの勝利も挙げることができないまま、終わってしまいました。振り返ってみれば、CSファイナルステージは、初戦に相手のミスで2点を奪ったとき…それが一番盛り上がったときでしょう。でも、それ以上がなく、あとは相手の攻撃に成されるがままにことが進んでいってしまったといった感じでした

今日も、先制したのはカープでした。今年、巨人先発・杉内投手からは2戦2勝、防御率も7点以上と、一見すれば好相性のように感じますが、相手は百戦錬磨を戦ってきた投手。CSファイナルステージに入って、なかなか得点できないカープにあっては、杉内投手は非常に厳しい相手になってしまいました。初回の梵選手のタイムリーで先制はするものの、後が続かず…終わってみれば、その1点だけ。このCSファイナルステージでの3試合を見ても、タイムリーは梵選手のこのヒットだけでした。

今年のカープは巨人戦に関して言えば、先制することは出来ても、どうしても後が続かない。さらなる追加点を奪うことが出来れば、状況は変わってくるのかもしれませんが、追加点を挙げることができず、徐々に相手ににじり寄られて、終盤に逆転されてしまう…結局、相手のペースでやられた試合が2試合ありました。どうしても勝ちきれないというところに、巨人に勝てない理由があるのでしょう


このCSファイナルステージを振り返ってみると、やはり気になるのは初戦。丸選手が出塁した後、菊池選手が強攻策でアウトになりました。もし、ここでセオリー通り、バントで送っていたらどうなっていたでしょう。それは誰にもわからないことですが、今の勢いに期待して一気に大量得点を狙ったのかもしれません。しかし、信頼できる投手が4人という状況では、初出場でも短期決戦では戦いやすいかもしれませんが、野手に関しては経験がないだけに、勝利に結びつく起用法が出来ないまま終わってしまったという感じでした

そして初戦。内海投手を4回で交代させる反面で、カープは大竹投手が6回まで投げさせました。それは間違いないと思うのですが、巨人のその継投に触発されたのか、野村監督の采配もスピード感が増しました。でも、相手に乗せられて、自分のその歩調を合わせていたのではダメなんですよね…。CSファーストステージで、カープは阪神に連勝しましたが、なぜ機能していた打線をいじくったのでしょうか。後手後手のまま、押し切られてしまった…そんな印象が強いですね。


カープの今年は、例年よりも1ヶ月近く長く戦いを続けることが出来ました。それは選手にとっても、日頃の練習では手に入らないものを得たはずです。もうすぐビールかけ…一歩手前まではきたのです。そこで、プロ野球選手としての夢を実現させるためには、何が必要か。それを身を持って体験したのではないでしょうか。それだけでも、来季へ向けての目的意識も変わるはずです

カープの今季は終了しました。でも、次は来季です。「目標はCS」ではありません。それを達成したからには、次は優勝。CSを優位に進めるためには、やはりホームで開催した方が良い。ならば、あとは自分自身が3位ではなく2位…いやさらにその上。その座を狙っていくためには…今後の補強に注目したいと思います



=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

来年一年間が野村監督最後のチャンス

西武渡辺監督は、在籍6年、初年度に優勝をした以外はすべて2位以下に終わりました。今年、責任をとる形で監督を解任され、シニアディレクターに転向されました。 カープも野村監督が在籍4年、いまだに優勝をしておりません。来年一年間が監督最後のチャンスになると思われます。 今年の健闘ぶりから野村監督の一年延長は間違いないでしょう。しかし、渡辺監督や元日ハム梨田監督のように、優勝を含んだ安定した成績を残しても結果的に解任されてしまいます。 シビアに考えて、大幅なナタを球団がふらなければ、監督や選手がいくらがんばっても上はむずかしいです。 カープが本気なら、阪神退団濃厚なメッセンジャーを獲得交渉に動くなどして(年俸3億近くの複数年が必要)、大枚をはたいてチームを大きく変えてほしい。 中日戦力外の川上憲伸もけっきょくは落合GMの意向で再契約の方向。したがって、日ハム戦力外の二岡、DENA戦力外の森本稀哲の獲得にまずは動いてほしいと思う。二人とも現役続行希望です。 自前の戦力だけでは、なかなか上位にはいれない。どうしても自前で戦うなら、和製大砲の堂林をあえて一年間四番に添えることもありかと考える。日ハムの中田翔のように大きく成長する可能性を彼は秘めています。 もしも、巨人が谷や小笠原を手放すことがあれば、二岡や森本同様に獲得に絶対動いてほしい。かつて、石井琢朗や豊田清を積極的に獲得したように。まちがいなく、確実にチームを変えてくれます。
フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる