FC2ブログ

投手陣を見て思うこと~KUNIの雑感~(1)

◎投手陣を見て思うこと~KUNIの雑感~(1)

いよいよ年の瀬も押し迫ってきました。今年も残すところあと2日ということで、今日と明日で、投手陣についてちょっと気になったこと…書いてみたいと思います。


まず、今日のテーマは、左腕があまり育っていないという実情です。カープは毎年のように「左腕が不足している」といわれています。左腕不足は今に始まったものでもなく、もはや積年の課題となっています。でも、選手名鑑を見てみると、左腕の絶対数が少ないというわけではありません。

というのも、今シーズンのトレードや助っ人獲得の期限となる7月31日終了時点で、各球団の左腕の数を調べてみると、カープは巨人の14人に次いで2位の12人いるのです。最も少ないのは意外にも阪神で9人となっています。つまり絶対数に関して言えば、カープは左腕が充実しているといえるのです

しかし、生え抜きの左腕で生涯登板数が20試合以上の投手の通算成績を見てみると…

篠田投手  17勝22敗0S 防御率4.16
齊藤投手  19勝23敗0S 防御率4.46
中村恭投手 1勝7敗0S 防御率4.12
河内投手  16勝27敗0S 防御率4.15
大島投手  3勝14敗3S 防御率6.68

このように勝ち越している投手が1人もいないのです。中村恭投手は6つの借金、大島投手にいたっては11個の借金を抱えています。それだけ、カープの左腕は数多くいても、1軍で安定して勝利につなげることが出来る投手が少ないというのが現状です

今季もカープの先発投手で、勝利を挙げた左腕はといえば、久本投手が2勝、そして中村恭投手がプロ初勝利となる1勝を挙げたのみ。カープが誇る先発2ケタ勝利カルテットもすべて右腕という状況の中で、やはり1人は左腕がほしい…それは毎年の課題でもあります。

左腕の育成に問題があるのでしょうか。そういえば、今季限りで現役を引退した菊地原さんが3軍のコーチに就任しました。そして1軍の投手コーチには動作解析の分野でも活躍した畝さんが就任しました。投手コーチに左腕が増えることは、左腕の育成強化につながるように感じます。来季、現状では久本投手と河内投手くらいしか、1軍の左腕で計算できる投手がいない状況の中で、少しでも多くの左腕が1軍の戦力として台頭してもらいたいところです。

例えば高校時代と同じサイドスローに挑戦している岩見投手もそうですし、新助っ人のフィリップス選手もそう。そして3年目を迎える戸田投手や、今季初勝利を挙げた中村恭投手もそう。若い選手にも期待の選手が多いだけに、1人でも多くの左腕に出てきてほしいと思います


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる