FC2ブログ

77から79へ…新監督に期待すること(3)

◎77から79へ…新監督に期待すること(3)

緒方新体制がスタートしました。いろいろあった野村政権の5年間も幕を閉じましたが、結果的には最後の2年間、チームはAクラスをキープし、チームとしての成長はありました。そして、バトンを受け継いだ緒方監督。そんな新監督に期待したいことを取り上げる連載企画「77から79へ…新監督に期待すること」の第3弾。今回のテーマは…


相手に嫌がられる、恐怖感を与える打線を


です。ここのところ、カープの野手にはレギュラーが不在していた状況が続いていました。1年は結果を残しても、2年以上、結果を残し続けられるような選手が出てこない…これが、レギュラー不在の状況を作り出していましたが、野村監督の下で丸選手、菊池選手といういわゆる「キクマルコンビ」が台頭し、今ではすっかりレギュラーに定着し、打線には絶対不可欠な存在となっています。また、野村監督が頼み込んで残留が決まったエルドレッド選手は今季、37本塁打でセリーグの本塁打王に輝きました。

確かに、エルドレッド選手が4番として、打率3割以上の成績を残していた頃は打線に厚みがあったようにも感じます。さらに、下位打線で田中選手や会沢選手が台頭してきたことで、一時は打線そのものに厚みが増してきたように思いました。ただ、エルドレッド選手が不振で2軍に降格し、会沢選手が故障で離脱…そんな状況で、打線はかなり迫力を低下させてしまいました。

ただ、そもそも感じていたのが、上位打線ばかりに主力が偏り過ぎて、下位打線に進むにつれて尻つぼみになってしまうという印象がありました。また、相手からすればランナーをためて、エルドレッド選手に一発を打たれなければ良く、もしやばければ無理して勝負をする必要はないという程度に考えられるともいえます。とりわけ、エルドレッド選手が不振に陥れば、どんどんボール球を振ってくれるために、余計に打線の怖さがなくなってしまうことにもつながっていました。


緒方監督に求められるのは、やはり相手に嫌がられる打線を作ってほしいということでしょう。それは、何も一発がある恐怖というのではなく、カープらしい機動力をフルで使うことが出来る上に、上位打線から下位打線まで、一様につながりのある打線ということです。野村監督時代のように、レギュラー格の選手を上位打線に集めてしまっては、どうしても打線が下位にいくにつれて尻つぼみになってしまいますが、全体のバランスを上手く取ることで、相手に嫌らしさを感じさせるものになるのではないでしょうか。相手に様々な警戒感を与える打線を目指してほしいところです

そのためにも、やはり打線をある程度固定にする…固定にすれば、得点のパターンができ、それが相手にも脅威を与えることになるでしょう。また、助っ人の獲得が相次いでいますが、適材適所を使い分けて、上手く配置する…一発があるからと上位に固めるのではなく、ある程度分散させることも必要でしょう。まずは純和製打線を作り、手薄なところにバランスよく助っ人を配置させる…そうすることで、相手に気を抜けなくさせる打線になるように思います

野村監督はとにかく一気に大量得点を奪いたい…そんな印象を受けました。緒方監督には、機動力を活かしつつ、1点というものを執拗に奪いに行く野球を見せてほしいですね。やたらと一発にこだわるのではなく、大量得点を目指すのではなく、「千里の道も一歩から」…1点を奪わないと、2点、3点…とはならないのですから。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる