FC2ブログ

田中選手の気迫…来季へ膨らむ期待

◎田中選手の気迫…来季へ膨らむ期待

今年のルーキーだった田中選手。JR東日本時代は屈指のショートとしてプロからも注目され、カープは即戦力の期待をこめて3位で指名しました。今季のルーキー勢の中で唯一の野手であり、シーズン序盤は打撃こそ低迷しましたが、守備では社会人屈指の評判どおりの安定感を見せました。

シーズン中盤からはプロの球にも慣れてきたのか、素晴らしい対応力で打率をどんどん上げ、一時は3割を越えるほどまでに押し上げてきました。とりわけ左投手に対して強さを発揮したこともあって、相手投手の左右にかかわらずスタメン起用される場面も目立ちました。


さて、ここまでのことは以前までの連載企画「ルーキーたちのこの1年」の中でも書きました。で、本題に入るのですが、私個人が、今季のカープの試合の中で、非常に印象深く心に残っているシーンがあります。それは8月8日、京セラドーム大阪で行われた阪神戦です

3回裏、マウンド上にはエース・マエケン。バッターボックスには阪神・ゴメス選手という状況。ここでゴメス選手の打球は田中選手に向かって鋭く転がります。しかし、田中選手の手前でイレギュラーした打球は、顔面を直撃してしまい、レフト方向へと転がっていきました。これにより、セカンドランナーは生還しました

しかし、ここで田中選手の気迫を感じさせました。顔面を打球が直撃し、一時はうずくまったにもかかわらず、すぐさま起き上がり、再びショートの守備につこうとしたのです。ところが、口元からは激しい流血で真っ赤になっていました。それでも平然と守備につこうとし、それを周りが手を差し伸べ、ベンチへと下がっていったのです。


この田中選手の気迫…すごいと感じました。社会人から即戦力の期待を受けて入団したものの、レギュラーが確約されているわけではなく、ショートには梵選手という実績十分のベテラン選手がいる状況。胸を借りるつもりで挑み、ショートのスタメンを飾っても、少しでも結果が残せなければ外されてしまう…そんな危機感とも戦っているのでしょう。

それゆえに、確かに流血していたのは知っていたでしょうが、ここでベンチに退いてしまっては、またチャンスが逃げてしまう…そんな思いも強くあったのではないでしょうか。その場を離れたくない、まだ試合に出続けたい…そんな思いが本人の中にあったかどうかは分かりませんが、その思いを感じさせる場面でした

そこまでしてレギュラーを奪いたいという執念…久々にそのような若い選手を見たように感じました。この選手はきっとレギュラーをつかむだろう…そう感じた一瞬でした。今季はこの試合での打球直撃だけでなく、練習中にも他の場所で練習していた打球が当たるという不運な「当たり年」だった田中選手。それでも、1年を通して1軍で踏ん張り続けました。

来季はもちろんレギュラーを狙える位置にいます。守備力もあり、機動力も使え、打撃も良い…緒方監督からすれば、最高に好みの選手でしょう。レギュラーをつかみたい…その気迫があれば、来年は間違いなくショートのレギュラーに定着できると思います。上位打線に起用しても魅力がある選手だけに、緒方監督がどの位置を任せるのか注目です


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる