FC2ブログ

MIDNIGHTな「TSU・BU・YA・KI」(6)

このコーナー…気がつけば3年ぶりになってしもうた。
夜中に広島弁丸出しでつぶやくこのコーナー。

まだ過去の5回しかしかとことはないんじゃけど、
もういても立ってもいられんけえ、
とにかく書いてみることにしたんよ。


ホントに打線が打てんのぉ。
何でこうも打てんのんじゃ…。


なんか、中継ぎ陣が粘りきれんと言われとるけど、
正直、そんなんじゃないんよの。
むしろ打てなさすぎ。
その余波を中継ぎが食らっとる感じがするんよ。

「打線が援護してくれると信じて投げることが出来ました」と、
ヒーローインタビューで言えるんなら、
まだ中継ぎだって頑張れると思うんよね。


でも、何でここまで打てんのかの…。


まあ、監督さんは今年1年目じゃけえ、
正直、采配がどうの…と言うのはかわいそうだと思うんよ。

ただ、前監督とは違って、
コーチとしてカープを見てきたわけじゃけえ、
「ワシだったらこうするのにのぉ」というのがあったはずなんよね

何でもかんでも、「監督のおっしゃる通りでございます」という目で
前監督の采配を見ていたわけでもないと思うんよ。
だから、もっと機動力が生かせるはず…とか、
得点パターンをもっと増やしたい…とか、
そんな青写真を描いとったんじゃろ?

その青写真はどこにいったんかの?
まるで何十年も前も卒業アルバムみたいに、
タンスの奥にしまいこんでしまったんじゃないじゃろうね。
まだ、あんた1年目何じゃけえ、
青写真も鮮明なままで残っとるじゃろうに。

確かにね、期待していた助っ人がどんどん故障で離脱した…
その点では起用に苦労するのは分かるんよ。

監督が代わる…それだけでも選手は身構えると思うんよね。
この監督はどんな基準で選手を選び、
どんな采配を振るうんだろうって。

でも、相手投手の左右にばかり左右されて、
結局、監督就任時の方針ともまったく違う状況になっていると、
やっぱり選手も戸惑ってしまうと思うんよ。

監督1年目、しかもこれだけ高い期待をされとるのは大変じゃと思う。
でも、だからといって、あまりに狙い過ぎるんじゃのうて、
まずは監督さんがやりたかった野球を貫いてみいと。

5年もコーチとして見続けてきたんじゃけえ、
いろいろ思うところもあったじゃろう。

それをやってみたらどうかのう。
だって、最初は相手が左投手でも松山を使っとったじゃろ。
それで、松山も結果を出しとったじゃないか。

1年目なんじゃけえ、
まずは自分の野球はこうだというのを、
選手に采配の中で知らしめるのが大切なんじゃないかの。

采配なんて、相手のペースに合わせとったら負けじゃ。
試合のある日はブログでスタメンを更新しとる。
ある程度、前日に予想を立てた上で下書きしとるけど、
カープはとにかく入れ替えが多過ぎるわ。
こんなにスタメンが動くし、読めないチームはないで。


監督が代われば、ちょっとは変わるかと思っとったけど、
ここまで変わらんのなら、もうチームの体質じゃの

ポイントゲッターを助っ人に頼り過ぎて、
和製大砲を育ててこなかったということ。
8年ぶりに新井がカープに戻ってきて、
4番に定着しつつある。

和製大砲が4番に座るんは良いことなんじゃが、
8年ぶりに戻ってきて、
4番を争う日本人選手が1人もいないというのも問題だと思うんよの


監督さんの采配だけじゃない。
これは最も根が深い問題じゃと思うんよ。
そうなると、やっぱり日本での経歴が一番長い、
エルドレッド…彼しか今、4番はいないんじゃろうの。
その現状を打破して、和製大砲を作ることは急務じゃろうね。


ともかく、緒方監督。
1年目なんだから、失敗を恐れずに、
積極的に自分の青写真を信じて、戦ってみてはどうかの?


朝令暮改では選手はついてこれない。
急いては事を仕損じる…なんていうけど、
まずはキャンプ、オープン戦を通じて見てきたこと、
そして過去5年間のコーチ生活で感じたこと…
もう一度、原点に立ち直って、
相手投手の左右に左右ばかりされるんじゃなく、
自分のやりたい野球をとにかく貫いていけば、
選手も「緒方カラー」が分かってくると思うんじゃけどね



=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

No title

こんばんは。
いつも楽しみにしています<m(__)m>
オリメイン、セは鯉派です。
ストレスの残る試合になりましたね( ;∀;)
大瀬良気の毒すぎます。

好不調の波はあるかと思いますが、余りにも打てなさ過ぎと思います。
オリでは呼び込んで打つタイプの糸井が248、T-岡田なんて148です(´Д⊂ヽ
逆に前捌きの坂口は310。

これ思い出しますよね。例のヤツ。低反発球。
もしそうならノーパワー呼び込みタイプの打者はもう少しかかりそうです。
今日マエケンで必ず取りましょう!

No title

ここ数年のカープはレギュラー不在と言われ、ようやく昨年辺りから菊丸コンビと田中選手が固定されてきたのかな、と思います。実際「どんぐりの背比べ」的な選手ばかりで、よくメンバーを固定しろとか左右病だとか言われますが、現実問題としてある程度使い続けて安定的な活躍を示す選手が出てきて初めて固定化されていくのであろうと考えます。最も期待していた(僕が)會澤選手も安定感がなく、スイングの鋭さも感じられません。安部選手も何だかな?という感じで監督として使い続けるのはしんどいかも。鈴木誠也選手も同様です。堂林選手は今シーズンあまり出ていないのでよくわかりませんが、出られないということは監督・コーチ目線では今一つ踏ん切りがつかない程度のものなのでしょう。二軍に目を向ければ、そこそこ活躍している若手はいるようですが、少しシャッフルしてみるのも良いのではと思います。話が逸れますが、投手では戸田・ザガースキー投手らが安定しており、一軍で使わない手はないのでは(ヒース投手を落としても)。今日の試合は左のベテラン高橋投手が相手の先発投手ですが、安部選手使うでしょうか?僕は、この際もっともっと足掻いて色々なオーダー組んでもいいじゃないかと思います。それと投手(特にリリーフ)を調子が悪いと見たらイニングの途中でも早めの交代もありだろうというか、そうすべきじゃないかと思います。ロング・リリーバーもいます。点が取れないのであれば、試合を壊さない手立ても必要です。以上、ドシロウトが勝手なことを言いました。それにしてもストレス溜まるは腹も立つは、KUNIさんも大変ですね。頑張ってください。
フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる