★寸評★6月11日、対東北楽天 2回戦(広1-2楽)

★寸評★6月11日、対東北楽天 2回戦(広1-2楽)

・またもルーキープロ初勝利お預け…今日はヘーゲンズ投手が白星消す

ドラ1ルーキーの岡田投手が今日の先発でした。岡田投手は初回、先頭の岡島選手にフルカウントから四球を与えるという波乱の立ち上がり。先制点をプレゼントしてもらった直後に、先頭打者への四球…という、あの四球連発で1回持たず6失点炎上の風景がよみがえってきそうでしたが、その後は落ち着きを取り戻し、時にはストレート勝負で、相手のタイミングを外しながらの投球で、この回を無失点で切り抜けました。

岡田投手は7回までを投げて、4度、先頭打者を出すという、見ている側からすればやきもきするピッチングではありましたが、それでも7回まで東北楽天のスコアボードにゼロを並べる投球を繰り広げました。味方の援護は初回のわずか1点…それでもその1点を守り、勝ち投手の権利を持ったまま、マウンドを降りました。

しかし、8回から登板したヘーゲンズ投手が誤算でした。1死から、茂木選手のピッチャーゴロの処理が拙く、内野安打で出塁させてしまうと、続くウィーラー選手には、低めに投げる意識は感じられたものの、一発をあまりに警戒しすぎたのか四球。2死から、代打・後藤選手に対しては、とことんスライダー。同点タイムリーを打たれた球は、けして簡単なコースではなく、上手くさばかれたという感じでしたが、ただやはり同じ球を何球も続けていたらこうなる…その典型でした。しかも、続く聖沢選手にも同じ球ばかり。ネクストバッターズサークルで球筋を見ていたら、同じ左打者ということもあって、狙いやすかったでしょうね…。もはやスライダーしかないのか、というう単調な配球の前に、あえなく逆転を喫してしまいました

岡田投手のここ5試合を見ると、6回2失点、6回1失点、6回2失点、5回1失点、そして7回無失点。5イニングで降板した試合は降雨コールドゲームだったことを考えると、すべての試合でしっかりゲームを作っています。しかし、勝ち星はなく1敗。一方で野村投手のここ5試合を見ると、8回途中3失点、6回途中3失点、6回途中1失点、6回2失点、6回無失点…と、数字だけは岡田投手よりも若干劣るように感じます。これでも3勝1敗なのです。

岡田投手が投げる日は打線も援護してくれないわ、勝ち投手の権利を持って降板しても、中継ぎが逆転されるわ…チームぐるみで勝たせたくないのかと思われても仕方のない状況。とにかく、岡田投手自身が結果を残している今のうちに、何とか勝たせてあげてよ…と思うばかりです


・8回のヘーゲンズ投手の起用は?

今日の試合で1つのカギを握ったのが8回裏にマウンドに送ったヘーゲンズ投手でしょう。通常であれば、ここまでのカープの投手起用では、セットアッパーはジャクソン投手でしたし、当然、今までのやり方であれば、ジャクソン投手だろうとは思いました。しかし、マウンドに送ったのはヘーゲンズ投手…これはなぜでしょう。

1つ考えられるのは、ここ2試合、ジャクソン投手は打たれていたということでしょう。不安定な投球が続いていたジャクソン投手ではなく、1イニングをしっかり押さえるケースが目立っていたヘーゲンズ投手に託した…その選択肢はけして間違いではなかったとは思います。1点差という僅少差だけに、なおさらそう考えたのでしょう。

ただ、このところ、ヘーゲンズ投手、ジャクソン投手が、中崎投手とともに「勝利の方程式」を担っていますが、この起用法をこれからもずっと続けるわけにはいかないでしょう。というのも、交流戦に入ってから特に顕著になっていますが、打線が低迷気味です。今日の試合でも初回1点、いわゆる「スミ1」で、そのまま試合は終了しました。そうなると、再び外国人選手の1軍構成を投手2、野手2に戻すことは十分に考えられます。すると、ヘーゲンズ投手かジャクソン投手、いずれかが1軍から退くことになるとともに、どちらかに8回のセットアッパーを任せることにもなるでしょう。

2軍ではルナ選手が復帰し、徐々に当たりが出るようになって来たようです。1軍に昇格できる準備は、だいぶ整ってきたといえるでしょう。そうなると、投手2、野手2という本来の配置に戻す時期も遠くないと思います。2軍では一岡投手も復帰し、中継ぎ陣の再編もあるでしょう。今日の試合は結果的に「ヘーゲンズ投手のセットアッパー策が失敗した」ということになり、今までどおりの起用をしなかった采配ミスでもありますが、今後の8回の投手起用に関しての1つの問題をどうするか、その方向性も考えられた試合ではなかったでしょうか。後は、その起用について、しっかり選手に説明し、理解を得て、明日以降に引きずらないようにする心のケアを忘れないように


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
13位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる