前節の振り返りと今節の展望

◎前節の振り返りと今節の展望

旭川、札幌、仙台と続いたカープの北海道・東北遠征。交流戦の仕組みが昨年から変わったことで、2年ぶりの北海道・東北のシリーズとなった前節は、北海道日本ハムに対しては29年ぶりの旭川での勝利、4年ぶりの札幌ドームでの勝利と粘り越しでカード勝ち越しを決めたものの、仙台へ移動しての東北楽天戦では、「序盤に得点を奪いながら、中押し点がとれずに逆転負け」という試合が2試合続き、それを象徴するかのように、初戦を奪いながら連敗し、カード負け越し。結果、3勝3敗となりました

北海道・東北への遠征はカープにとって鬼門となることが多々ありました。その中で、今年はこのシリーズを3勝3敗で乗り切ったことは、まずまずの収穫だったかもしれませんただ、気になるのは打線。全体的に低調気味で、ポイントゲッターの不振が得点力不足につながり、序盤に得点しても、中押し点がなかなか奪えない、タイムリーが打てない…そういった状況に陥っている要因となっています。これをどう打開するか…レギュラーシーズン再開までに立て直しが求められます


ここまでの交流戦で、カープは5勝6敗1分という成績を残しています。今節はマツダスタジアムでの6連戦。パリーグ4位の埼玉西武、そしてパリーグ最下位のオリックスとの試合となっています。埼玉西武にとっても、オリックスにとっても、2年ぶりのマツダスタジアム。だからこそ、カープにとっては地の利をしっかり生かせるかが大きなカギを握ります

まずは埼玉西武戦。目下交流戦では8勝4敗と好調をキープしているだけに、パリーグの4位とはいえ警戒が必要です。地の利を生かして、ここで2勝1敗とカード勝ち越しを決めてほしいところ。そしてパリーグ最下位のオリックス戦は、例年、荒れがちなのですが、パリーグ最下位の相手にしっかり勝つことが出来るかどうか…3連勝を目指す勢いで戦ってほしいところ。今節は大きく5勝1敗、最悪でも2カード連続勝ち越しの4勝2敗…このラインを実現して、交流戦の勝率を5割以上で終えることが求められます

それにしても、今後のスケジュールを見ると、今節から6月いっぱいはすべてマツダスタジアム(1試合のみ三次での開催)と、ホームゲームが続きます。6月後半戦は、すべてホームゲームというのはカープにとって心強いことでしょう。今節、そしてレギュラーシーズン再開に向けて、2軍にいる今季のカープの4番・ルナ選手の昇格はあるのか、そうなると中継ぎの助っ人勢に、何らかのてこ入れがあるのか…打線が低迷してはいますが、その一方で助っ人野手を昇格させるためには、ヘーゲンズ投手、ジャクソン投手のいずれかを昇格させなければならないのも痛い…。今季の守り勝つ野球を実現するためには、現状を維持で、打線に再び勢いをつけさせるために練習の中で調整を行うのかなど、どう対策を打つのかが注目されます


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
13位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる