前節の振り返りと今節の展望

◎前節の振り返りと今節の展望

前節は交流戦の最終週。地元・マツダスタジアムでの埼玉西武、オリックスとそれぞれ3連戦の計6連戦。結果はご存知のように、赤松選手のコリジョンサヨナラタイムリーから始まり、鈴木選手の2試合連続のサヨナラホームランに3試合連続の決勝ホームランと、6試合のうち、サヨナラ勝ちが3度という派手な勝利が続き、見事6連勝を決めてくれました。とりわけ鈴木選手の目覚ましい活躍ぶりは、シーズン後半に向けて期待感が高まります

交流戦は鬼門とされてきたカープ。やはり交流戦の前半、千葉ロッテ、福岡ソフトバンク、北海道日本ハムとパリーグの上位勢との対戦で、ビジターのゲームが6試合ある中で、4勝4敗1分と五分の成績で辛抱強く戦ったことが、終盤の6連勝という素晴らしい追い込みに繋がったのではないでしょうか。7年ぶりの交流戦勝ち越し…セリーグ勢が今季も苦戦を強いられる中で、カープが唯一勝ち越し、そして12球団のAクラスである3位に入りました


さて、6月後半は梅雨の時期ではありますが、屋外のマツダスタジアムでの試合が続きます。ただ、これはカープにとって大きなプラスであり、地元でどんどん勝ち星を積み重ねていきたいところ。ただ注意すべきは、目下6連勝中ですが、連勝はいつかは止まるもの。止まった直後でもしっかり気持ちを切り替えて、連敗しないようにする…これまで通り、辛抱強く戦ってほしいと思います

交流戦の予備日のために、今節は金曜日からの阪神3連戦のみ。交流戦で大きく負け越し、借金が4まで膨らんでいる阪神。シーズン後半に向けて、巻き返しを狙ってくることでしょう。カープとすれば、交流戦での結果を自信に変え、また今までどおり辛抱強く戦い、さらに地元の声援を背に受けて、まずはカード勝ち越しを実現し、後半戦を良い形でスタート出来るかがポイントとなりそうです。

まだ首位を意識する必要はありません。首位を守るんだというムードになれば、守りの意識が過剰になりがちになります。それよりも目の前の一戦をしっかり戦う…その積み重ねで、少しずつでも確実に悲願の実現に近づいてほしいところです


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
17位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる