☆寸評☆6月24日、対阪神10回戦(広4-2神)

☆寸評☆6月24日、対阪神10回戦(広4-2神)

・8回、打撃陣の粘りが生んだ新井選手の一打

広島市内は大雨警報が出ていたようです。にもかかわらず、試合が開催されるほど…。確かに雨は小康状態の時間帯も多くありました。そんな厳しい状況の中で行われた試合はカープが先制し、阪神が逆転し、再びカープが同点に追いつき…そんな展開で7回を終了して2-2の同点でした。

8回表、ジャクソン投手が無失点で切り抜けると、阪神も先発のエース・藤浪投手に代えて、2番手・藤川投手に。

今日の試合は結果的にカープがこの回に新井選手のタイムリーで2点を勝ち越し、その直後に天気が急変し、大雨が降り出し、8回降雨コールドゲームでカープが勝利し、見事7連勝を決めました。新井選手は2球目に高めのストレートを空振りしましたが、結果的に勝利を決めたタイムリーはその高めのストレートに見事にバットを合わせ、右中間へと運んだものでした。

でも、遡ってみると、私は先頭打者のルナ選手のセンター前ヒット。この一打が今季のカープ打線の象徴といえる攻撃になったように思います。8回裏、先頭打者のルナ選手は藤川投手の前にあっさり2ストライクを奪われました。まったくタイミングが合っていない様子で、このままでは三振…そんな雰囲気でした。しかし、そこからルナ選手の持ち味であるミート力と選球眼で、際どいコースはファウルで逃げ、ボール球はしっかり見送り、最終的には8球目をセンター前にはじき返しました

中継ぎでマウンドに登った投手に対しては、どれだけ粘るか。日頃から20球以上を投げることがめったにない投手に対して、粘りの姿勢で球数を投げ込ませる…それによって、ストレートの球威は落ち、変化球に頼るようになる。打者にとっては、次に来る球を絞りやすくなるだけでなく、ストレートのタイミングで変化球にあわせることが出来るようになるのではないでしょうか。

ルナ選手が粘ってヒットを放ち、続く鈴木選手も、結果的にはミートした当たりがライトの正面を突きましたが、8球粘りました。決勝となる2点タイムリーを放った新井選手。その、高めのストレートを見事に弾き返せたのは、その前の打者の粘りで、ストレートの球威が落ちたこと、そして狙い球を絞りやすくなり、ストレートのタイミングで変化球にも対応できるだけの余裕が生まれたからではないでしょうか。打線のつながりを意識し、次の打者へバトンを渡す…これぞ、今のカープ野球、「つなぎ」の意識が生んだ勝利のように感じます


・監督!よく言った!!

新井選手の2点タイムリー3塁打で、8回裏に2点を勝ち越したカープ。その直後の9回表、マウンド上には中崎投手が上がりました。この回、阪神の先頭・中谷選手に対して、変化球で空振りを奪います。しかし、いきなり強い雨がマツダスタジアムに降ってきました。

その雨の勢いは徐々に増してきます。そして最後は外寄りのストレートをとらえられますが、田中選手のグラブをはじき、内野安打となりました。雨が降っていなければ、ショートライナーになっていたことでしょう。しかし、グラブが濡れていたせいか、打球は田中選手のグラブをはじきました。

続く高山選手に対して初球を投げ込んだところで、緒方監督がたまらず審判団に。グラウンド上の選手をベンチへ引き返させ、グラウンドにはシートが張られます。その後も勢いが止まらない雨。グラウンドは水浸しになりました。もう試合は成立しているのに、このまま、あと3つのアウトのために続けるのか…そんな時間が過ぎる中で、主審が「ゲームセット」。試合は成立しました

のこり3つのアウトで試合が終了するとあって、審判としては強行するつもりだったのでしょう。しかし、とても野球が出来る環境でもありません。ましては警報が出ている状況の中で行われた試合。試合を9回まで終えることばかりに気を取られている審判に対して、緒方監督が行った抗議。素晴らしかったと思います。見事な抗議だったと思いますし、これもチーム一丸!レギュラーシーズン再開の初戦ですが、監督も交えたチーム一丸でもぎ取った勝利!大きな1勝でした


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
13位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる