前節の振り返りと今節の展望

◎前節の振り返りと今節の展望

大連勝街道が突き進んだカープ。連勝は実に32年ぶり2度目という「11」という数字まで伸ばしました。大きな連勝をすると、えてして「連勝疲れ」から負けが込むことも多いのが一般的な傾向ですが、連勝が止まった翌日、ビジターでの試合をしっかり勝利しました。そこにもカープの今の強さを感じます

前節は東京ヤクルト、そして横浜DeNAとの6連戦。東京ヤクルトとはホームゲームで2勝1敗としっかりカードを勝ち越しを決めました。11連勝がストップして、しかも5カードぶりのビジターでの3連戦となりましたが、初戦をジョンソン投手でモノにし、3戦目は乱打戦の末に勝利したことで、カード勝ち越しを決めました。前節は4勝2敗となり、これで5カード連続勝ち越し、貯金16、2位とのゲーム差はいよいよ10まで広がり、首位をがっちりと固めています

ただ、不安要素も出てきました。セカンド・菊池選手が2日の横浜DeNA戦の守備の際に左肩を打撲するというアクシデント。軽症であるようで、ひとまずは安心しましたが、3日の試合は大事をとってベンチに下がりました。レギュラーのアクシデントに見舞われながらも、13得点の快勝。控えの選手がしっかり活躍してくれる環境が今のカープにあり、それが今の強さに繋がっているのでしょう


さて、6月下旬はホームゲームが5カード連続で続く異例のスケジュールでしたが、7月上旬は横浜DeNA戦を含めて、ビジターが3カード続きます。今節は富山、金沢と北陸シリーズの中日2連戦。そして、週末からは敵地・甲子園球場で阪神との3連戦が控えています。

2連戦というのは意外とくせもので、初戦をいかに奪うかが大きなカギを握るでしょう。野村投手と黒田投手の先発が予想されますが、野村投手は今季地方球場で適応力の高さを見せ、黒田投手は百戦錬磨の経験があるだけに、期待は高まります。目下2位の中日だけに、まずはここを最低でも1勝1敗で乗り切り、甲子園球場に乗り込みたいところ。現在最下位の阪神戦は、甲子園球場が舞台だけに、早い段階で1勝目をつかめるか…これによって気持ちもずいぶん変わってくるはずです。

今節の5試合、ロードが続く状況ではありますが、今までどおりチーム一丸になって乗り切ってほしいところ。調子を崩しているチームからいかに勝利を掴み取っていくか。今節は最低でも2勝3敗が求められますが、出来れば3勝2敗以上で乗り切り、オールスター前最後の地元での巨人戦に弾みをつけたいところです。2位とのゲーム差は10に開きましたが、25年ぶりの優勝を目指すためには、目の前の試合でしっかり自分たちが築いてきた野球をすること…ただそれだけです。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
18位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる