☆寸評☆7月8日、対阪神13回戦(広8-2神)

☆寸評☆7月8日、対阪神13回戦(広8-2神)

・お見事!初回の攻撃

今日の阪神の先発は藤浪投手。カープとしては非常に手強い相手であり、しかも敵地となると、より越えるハードルは高くなる状況の中、カープ打線はホームであろうが、ビジターであろうが、場所はどこであっても、自分たちの野球を貫きました。藤浪投手を相手にしぶとく食らいつく打撃に、足技も見事に絡めてくれました

1回表、先頭の田中選手。今日の勝因と言っても過言ではないのではないか…そう思うのが、この初回の田中選手。ボールが先攻する状況でしたが、追い込まれてからの粘り。ストレート勝負から一転、最後は変化球を見送り、四球を選びました。8球粘ってもぎ取った1塁。これがなかったら、別の展開になっていたかもしれません。

続き菊池選手はレフト線への2塁打で出塁すると、1死後にルナ選手が四球を選び、松山選手は倒れますが、続く鈴木選手が三遊間を鋭く破るタイムリーヒット。その打球をレフト・江越選手がファンブルし、後ろにそらしている間にさらに1点。2死1・3塁とすると、1塁走者の鈴木選手が2塁を狙おうと盗塁し、ボールがセカンドへ送球される間にルナ選手が生還!昨年もこの甲子園球場で見せた1・3塁でのダブルスチールを見事に決めてくれました。1軍経験の浅い相手の捕手…それを考慮してのダブルスチールだったのでしょうが、見事に決まりました。

この初回の3点はカープ先発・ジョンソン投手にとって大きな援護となったことでしょう。しかも2回には初回に8球粘って四球を選んだ田中選手のソロホームラン、3回には松山選手の犠飛と、3回までの5点の援護。打線が序盤に藤浪投手から得点を積み重ねたことで、試合を優位に運ぶことが出来たわけですが、やはりそのきっかけは田中選手の初回の四球。この粘り、上位打線としての役割をしっかり果たしてくれています。そしてその援護に応えたジョンソン投手が9勝目!投打の歯車が見事にかみ合っています。


・岩本選手がとどめの3塁打

阪神先発・藤浪投手は130球を越えているにもかかわらず、7回裏の打席に入り、8回表も続投。この相手の判断に、これはチャンスだ…そう感じました。8回表、先頭のルナ選手がライトに運ぶヒットを放ちますが、2塁に進んだ代走・赤松選手が二三塁間に挟まれてアウト。2死ランナーなしとなってしまい、相手に流れがいきかけるのではないか…そんな局面から、カープは勝利を決定付ける得点に結び付けました。

2死ランナーなしから鈴木選手が死球。阿部選手が一二塁間をしぶとく破るヒットで続き、石原選手はフルカウントから四球。粘りとつなぎの意識で満塁のチャンスを作ると、打席には岩本選手。もはや岩本選手は崖っぷちでしょう。しかし、1軍昇格のチャンスを得、代打で2打数2安打の打率10割。意地でも食らい付いていくその打撃…このチャンスの場面で、結果を残したいという気持ちは強かったと思います。

初球でした。真ん中高めのストレート。はじき返した打球は、一瞬、セカンドライナーかと思いました。しかし、セカンドがジャンプしたそのグラブの先を越え、打球は右中間へ。捕球に行った福留選手がはじき、打球がテンテンとしている間に、塁上のランナーがすべてホームイン。しかも、岩本選手は3塁に到達しました

この3点は非常に大きかった!おそらく相手は、「エースが150球を越えても投げているその姿に、野手が奮起してほしい」という思いをこめていたのかもしれません。しかし、その意図をぶち破り、岩本選手の勝利を決定付ける3点タイムリー。かつての4番候補であった左のスラッガー。緒方監督就任直後に練習態度を叱責され、それ以降1軍からも遠ざかっていた期待の大砲。それがここでチャンスをつかみ、そして今季3打席目で3本目のヒットは、チームを大きく勝利に引き寄せる3塁打となりました。左の長距離砲が不足しているチーム状況の中でも、岩本選手の存在はこれから大きくなるかもしれません。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。


スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
17位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる