☆寸評☆7月10日、対阪神15回戦(広9-0神)

☆寸評☆7月10日、対阪神15回戦(広9-0神)

・戸田投手が140球のプロ初完封勝利

カープ先発はここ2試合、試合を作れていなかった戸田投手。自身にとっても、「今日やらなければ!」という強い思いがあったのではないでしょうか。そして今日の登板で、打線の強力援護に守られて、粘りの投球を見せてくれました。

打線は初回に3点、2回に5点と、合計8点を奪う強力援護。大量リードをもらったことで、「最後まで投げなければ」という思いもあったことでしょう。2回まで低めに集める投球でパーフェクトに抑えていましたが、3回以降は7回を除き、すべてのイニングでランナーを出すという苦しい投球となりました。

3回には味方のエラーも重なり無死1・2塁のピンチ。しかし、大和選手をサードゴロゲッツーに抑え、相手に決定打を許しませんでした。2回にも1死から2・3塁のピンチを招きましたが、ゴメス選手を平凡なセカンドフライに抑えると、中谷選手には高めのストレートで三振を奪いました。

8点の大量援護もあって、ピンチでも堂々と投げていたと思います。1点や2点は仕方がないという開き直りの気持ちもあったかもしれませんが、それでも1つ1つのアウトをしっかり奪いました。そして8回までスコアボードにゼロを並べ続け、いよいよ9回のマウンドに立ちます。

最終回、先頭のゴメス選手にセンターへヒットを浴びると、1死から北條選手に死球を与えてしまいます。続く原口選手の当たりはヒヤッとしましたが、丸選手の守備範囲でセンターフライ。あと1人…この場面で、高山選手にライト前に運ばれますが、相手はセカンドランナー・ゴメス選手に代走を出してなく、サードで止まります。これは助かりました。最後は西岡選手をセンターフライに押さえ3アウト!

9回すべてでゼロを並べることに成功した戸田投手。140球もの球数を投げました。8安打を許し、ピンチの連続でもありました。しかし、低目を意識し、ストレートは思い切り投げ込む投球を最後の最後まで崩さずに投げぬきました。プロ初完投は嬉しい完封勝利というおまけつき。粘り、そして持ち味を最後まで崩さなかったこと、そして打線の大量援護。投打が見事にかみ合い、阪神に敵地で3タテに成功しました。戸田投手にとっては、最高の形で球宴前最後の登板を終えましたが、シーズン再開後の次の登板が重要となります。ただ、チームにとっても戸田投手が先発として結果を残したことは、球宴明けの戦いにも大きなプラスになることは間違いありません


・相手の乱調につけ込み、序盤で大量援護!

2回までに8点を奪ったカープ。先発・戸田投手を大きく援護した打撃陣でしたが、そのきっかけはやはり上位打線の粘りにありました。立ち上がりをしっかり攻めての攻撃…これが今のカープの強さでしょう。

初回、先頭の田中選手が7球粘って四球を選ぶと、続く菊池選手もフルカウントからの6球目を四球。さらに丸選手も四球と3者連続四球で満塁のチャンスをつかみました。相手の立ち上がりに粘りを見せたことで、リズムをつかませない上位打線の攻撃が、阪神先発・岩貞投手にはボディーブローのように効いたことでしょう

続くルナ選手が三遊間をしぶとく破るタイムリーで先制点を奪うと、続く新井選手はセンターへはじき返す2点タイムリー。相手の乱調につけ込む攻撃で、初回から3点を奪うと、2回には田中選手の内野安打から3本のヒットで1点を奪い、さらに新井選手、鈴木選手が四球を選び、2死後、会沢選手の打球はレフト前に!セカンドランナーの新井選手が上手く回り込んでのホームインを決め、続く戸田投手も一二塁間を破るタイムリーで、この回だけで5点を奪いました。

やはり今のカープの強さはここでしょう。この序盤の8点に、長打は一本もありません。しかし、次の打者につないでいこう、打線ではボールをしっかり見極めていこうという、今季のカープ打線の「つなぎ」に徹した野球。相手の乱調もありましたが、2回までに6個の四球を選び、相手にリズムをつかませなかった攻撃はお見事の一言に尽きるでしょう。打線で個々が役割をしっかり果たしている…ビジターであっても基本がぶれないだけに、そこに強さを感じます。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
12位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる