セリーグ順位表(7/11終了時点)

◎セリーグ順位表(7/11終了時点)

1位:広島 85試合51勝32敗2分 勝率.614 勝差 -
2位:巨人 82試合39勝40敗3分 勝率.493 勝差 10.0
3位:中日 85試合39勝43敗3分 勝率.475 勝差 1.5
4位:横浜DeNA 85試合38勝44敗3分 勝率.463 勝差 1.0
5位:東京ヤクルト 86試合38勝47敗1分 勝率.447 勝差 1.5
6位:阪神 85試合35勝47敗3分 勝率.427 勝差 1.5


いまだカープが貯金を独占している状況が続いていますが、ここへきて巨人が借金5の状態から、一気に1つまでその数を減らしてきました。いまだに借金生活であることには変わりがありませんが、徐々に先発投手陣が揃いつつある中で、不気味な存在であることには変わりがありません。カープとしては今のところ巨人戦は5勝6敗と1つ負け越していますが、ここからの直接対決をとにかく最低でも五分で戦うことが求められるでしょう。特にホームでどれだけ勝利をつかめるかということになりそうです

ところで、2位に10ゲーム差をつけているカープの残り試合数は58試合。もしこれを29勝29敗の5割で戦った場合、通算で80勝61敗2分とで、勝率は.567となります。一方で2位の巨人がこの勝率を上回ろうとすると、残りの61試合を41勝20敗。この数字だけを見れば、カープからすればけしてセーフティーなものではありません。80勝は1つの優勝ラインとなるでしょうが、カープはまず目の前の試合で、しっかり自分たちの野球をすること…これに尽きるでしょう。今季はこの「自分たちの野球」が明確に築けているだけに、この調子で突き進むことです

2位以下は徐々にばらけてきたような感じです。特に阪神が借金を12まで抱える状況になりました。しかし、2位以下は混戦模様なのは変わりありません。調子が上がってくれば、またすぐに下がり、借金の減らしたかと思えば、またすぐに増えて…その繰り返しなのですが、何かの弾みで一気に浮上してくる可能性もあるだけに、カープも気を緩めず戦っていきましょう。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
12位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる