前半戦の若手の「初」を振り返る~投手編~

◎前半戦の若手の「初」を振り返る~投手編~

今季のカープの躍進は、ベテラン、外国人選手、若手と、三位一体となって一丸となって戦っているというのが、1つの要因でしょう。前回は今季の「初」物を、野手に絞って振り返ってみましたが、今日は投手編です。今季の前半戦、投手の「初」を振り返ってみましょう。

・3月27日、ドラ6ルーキー・オスカル投手が横浜DeNA戦で2番手で登板し初勝利
・3月30日、ドラ2ルーキー・横山投手が中日戦でプロ初登板初先発初勝利
・5月20日、戸田投手が阪神戦の延長12回裏に登板してプロ初セーブ
・6月25日、ドラ1ルーキー・岡田投手が阪神戦で、9度目の先発でようやくプロ初勝利
・7月10日、戸田投手が阪神戦で140球を投げ、プロ初完投初完封勝利


エース・マエケンが大リーグへ移籍し、ルーキー勢にもマエケンの穴をどこまで埋めることが出来るかというのも、今季の戦いにおいて1つのカギとなりました。ルーキーの方にあまり重たい荷物を載せるわけにはいきませんが、少しでも埋めてくれれば…という思いも首脳陣にもあったことでしょう。

開幕3戦目でオスカル投手が中継ぎで、12球団のルーキー投手の一番乗りで勝利をモノにしました。オスカル投手はその後、登板するたびに打ち込まれ、一時は防御率も10点台になるという不調で2軍降格を余儀なくされましたが、現在は1軍に復帰し、敗戦処理が中心ですが、まずまずの投球を見せています。

そして「マエケンの穴を埋める」ということになれば、岡田投手、戸田投手の2人の活躍は見逃すことが出来ません。岡田投手はプロ初勝利が9度目の先発と、かなり時間がかかってしまいましたが、QS(6回3自責点以内)達成率は7割を超え、先発としてしっかり試合を作っています。戸田投手も中継ぎに回る時期もありましたが、今では先発に定着。ついに初完封勝利までやってのけました。貴重な先発左腕だけに、今後への期待は膨らみます。

実は「初」と言うことになると、6月7日に2年目の塹江投手がプロ初の1軍昇格を果たしました。わずか2日後に、1軍登板をすることなく2軍降格となりました。ただ、先日のフレッシュオールスターでは、MAX153キロのストレートで三者凡退に抑える活躍を見せました。左腕でMAX153キロ…まだまだ荒削りですが、類稀な能力を持っているだけに、次こそ初登板に期待しましょう


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
12位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる