☆寸評☆8月7日、対巨人18回戦(広8-7巨)

☆寸評☆8月7日、対巨人18回戦(広8-7巨)

・8月7日にルーズヴェルト逆転サヨナラ勝利!

野球は「ゲームセット」の声を聞くまで分からない…と言いますが、本当にそうなんだなあとつくづく感じました。昨年までのカープに戻ってしまったんじゃないかと思うほど、なんだか元気のなさと、見えない大きな何かに押しつぶされそうになっているんじゃないかという雰囲気とを感じていましたが、最高のエンディングで、息を吹き返す大きな大きな1勝を挙げました

先制しても、追いつかれ、追い越され、同点に追いついたかと思えば突き放され…そんなもどかしい展開ではありました。9回表、今村投手が3人でピシャリと抑えて、9回裏。マウンド上にはマツダスタジアムで3連投となる巨人・沢村投手。しかし、代打・西川選手、そして田中選手と抑えられ、あっさりと2死を奪われました。しかし、ともに大きな外野フライ…もしかしてというのはあるかもしれない。

2死ランナーなし。完全に追い込まれました。今季初の「被3タテ」となってしまうのか…そうなれば、いよいよゲーム差も3.5に縮まってしまう。もう覚悟しなければならない状況となるところでした。しかし、マツダスタジアムの勝利の女神はカープに微笑みを浮かべていたのです。

打席には4安打の菊池選手が打席に入ります。そして初球でした。低めのストレート。打った瞬間、もう確実にそれと分かる放物線でした。171cmと小柄ながら、その打球はまるでエルドレッド選手が放った一発かと思うほど、打球はぐんぐんと伸びていき、レフトスタンドの最上段に到達!何と9回2死ランナーなしと、土俵際に追い込まれた状態でのまさに起死回生の一発でした

これで7-7の同点としたカープ。続く丸選手はフルカウントまでもつれた勝負ながら、最後は四球を選び、サヨナラのランナーを出します。そして打席には新井選手。2球目…高めのスライダーでした。甘く入った球を逃しませんでした。打球はぐんぐん伸びていく…低い放物線を描いた打球は、レフトが懸命に延ばすグラブの先!その間に一塁ランナーの丸選手がサヨナラのホームイン!追いついても追い抜けなかった乱戦を、ついにカープが制しました!

いやあ、すごい試合でした。かつてのアメリカのルーズヴェルト大統領は「野球は8-7の試合が最も面白い」と語ったようで、8-7の試合を「ルーズヴェルトゲーム」と言ったりしますが、8月7日に8-7の勝利。カープの連敗は4でストップし、縮まる一方だったゲーム差を5.5に再び広げました。いや、ゲーム差はともかく、「被3タテ」を免れ、連敗を脱し、しかもチームが勝利に向かって一丸になるという感覚を再び呼び戻したこと、これが大きかった!さあ、これでリスタートできる!気分一新、火曜日から再び前へ前へと一丸になって突き進みましょう。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
17位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる