前節の振り返りと今節の展望

◎前節の振り返りと今節の展望

さて、前節は敵地・神宮球場で東京ヤクルトと3連戦、そのあと、移動日なしでマツダスタジアムで巨人3連戦の計6試合が行われました。東京ヤクルトとの初戦は16点を奪う打線爆発での勝利でしたが、残り2試合は最下位を相手に痛恨の連敗。マツダスタジアムに戻っても、巨人を相手に連敗。今季初の4連敗となってしまいましたが、前夜の巨人戦で9回2死ランナーなしの状況から執念の逆転サヨナラで、何とか巨人に「被3タテ」を免れる大きな1勝を挙げました。結果、2カード連続負け越しの2勝4敗となり、貯金は18となっています。

ただ、ここへきて気になるのが、先発投手陣にやや疲れが見えてきているのではないかということ。前節は1試合平均で5点を失いました。先発投手陣がなかなか長いイニングを投げられず、中継ぎ陣にそのしわ寄せがめぐってくるという展開も多かったのも事実です。しかも、ここへきて岡田投手が右肩の違和感で離脱という報道も…。暑い夏場ということもあるでしょうが、ここでしっかり踏ん張れるかがこれからのカギを握ります


さて、今節はまずマツダスタジアムで、打線の調子が上がってきた阪神と3連戦。その後、横浜スタジアムで、横浜DeNAとの3連戦の計6試合が予定されています。

気になるのは先発投手陣。とりわけ横浜DeNA3連戦は、このままのローテーションで行くと、野村投手、黒田投手、岡田投手の3人で回すことになる予定だったのでしょうが、岡田投手が右肩違和感で離脱する予定のようで、野村投手が横浜DeNA打線と相性が悪い…前回も4回8失点と炎上しています。また、前節の東京ヤクルト2戦目は九里投手が先発に回りましたが、思ったような結果が残せなかったのも確か。ここをどうとらえるかということになるでしょう。前夜、中継ぎでヘーゲンズ投手が3イニング投げたこと、さらに2軍では塹江投手がまずまずの結果を残したことなど、かなりのテコ入れの可能性はありそうです。

カープ先発陣が駒不足のピンチに立たされています。今が踏ん張りどころです。最近は、強打者の前にランナーを出したくないという強い意識からか、結局四球で歩かせてしまい、ピンチで強打者を迎え、変化球で交わそうとしているうちに、一発を打たれた…という傾向があまりにも多いように感じます。先の打者を考えるよりも、まずは1人1人、目の前の打者をしっかり抑え、ピンチの今こそ積極的に攻めてほしいと思います

ここ2カード続けてカード負け越しとなっているカープ。まずは地元・マツダスタジアムで、前夜に取り戻した勢いも味方につけて、しっかりカード勝ち越しを決めることができるか、これが最初のハードルでしょう。そして横浜DeNA戦では、相手打者に対して積極的に攻めの投球を見せ、強力打線を抑えられるかということになると思います。今節は4勝2敗を実現して、貯金を再び20に戻してほしい!


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
17位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる