KUNIの「雑感」(第143回)

◎KUNIの「雑感」(第143回)

今年は長い夏休みがもらえたので、久々に広島に帰省して、故郷の空気を満喫しております。やっぱり、故郷というのは落ち着くなあと思いつつ、なかなか試合の寸評を更新することができずに申し訳ありません。21日からは通常通りに更新していきますので、ご了承ください。

さて、カープは2位・巨人とのゲーム差を7.5まで広げました。2位とのゲーム差はあまり気にしないように…とは思っていても、「巨人はどうなってるだろう」と相手の試合結果というのは、やはり気になるものですね。一時は最大11ゲーム差から、一気に4.5ゲーム差まで詰め寄られたときは、一体どうなってしまうのか…と、不安しかありませんでした。

その当時、匿名の方からコメントをいただきました。その方も不安ばかりを感じられていたようで、私も「分かる分かる」と思いながら読ませていただきました。なんせ、マスコミは「リメークドラマ」という言葉ばかり出して、巨人の逆転優勝を願っているかのように感じられる偏った報道が目立ちました。1996年の出来事を知っているだけに、今でも「メークドラマ」という言葉は耳に焼き付いていますし、どうしてもそれを意識してしまうところはありました。

ただ、長いシーズンはいろいろあるもので、どのチームでも調子の良いとき、悪いときの波というものがあって、11ゲーム差を4.5ゲーム差まで詰め寄られたときは、カープのどん底と、巨人の絶好調がたまたま重なっただけ…そう思うようにしていました。調子がいいときがいつまでも続くわけもなく、もちろん逆もしかりで。ただ慌てず、今まで通り、自分たちの野球を続けていれば、また調子を取り戻し、首位をがっちり守ってくれるだろうと思っていました。信念を持って続けていけば、きっとその先に光が見えてくるものです。そこで奇をてらうことなく、揺るがなかったことが、今のカープを支えているように思います。

交流戦が終わったタイミングで、2位とのゲーム差は6でした。一時は11ゲーム差を4.5ゲーム差に詰め寄られたといっても、2か月というスパンで考えれば、1.5ゲームしか縮まっていなかったわけです。ましてや現在は交流戦終了時よりも1.5ゲーム広げています。最大11ゲームまで広げた貯金の効果を強く感じます

客観的に見れば、優勝は間違いないのでしょうが、やはり24年もす優勝していないチームですし、ファンからすれば、「まだ何が起こるかわからない」という気持ちは強いですよね。胴上げの瞬間まで気を抜くことはできません。ファンとしてはその日が来ることを信じて、応援するだけですし、選手も首脳陣も一体となって、その期待に応えるべく、素晴らしい試合をしています。残り30試合ちょっと、悲願の実現に向けて、後ろを振り返らず、突き進んでほしいですね

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓ボタンクリックでお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
16位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる