皆様からのコメント紹介

◎皆様からのコメント紹介

今日は皆様からいただいたコメントを紹介させていただきます。今日はだるさんからいただいたコメントです。


「ただただ悔しさしかありませんが、全てが終わってしまった今となっては「たら・れば」の話をしても仕方がありません。

この悔しさ・経験を来シーズンに活かして欲しい。
ただ、何よりこの時期までカープの野球が見れた事は嬉しかったです。
ひとまず今シーズン、お疲れ様でした。
そしてたくさんの感動をありがとうと選手やスタッフ、球団関係者の皆さんに言いたいですね。

来シーズンも頑張って!」


だるさん、お久しぶりです。
コメントいただきありがとうございます。

日本シリーズ、終わりましたね。カープが日本シリーズに出場しているという様子を見るだけで、何だか夢見心地のような気分になっていました。夢の大舞台でカープの選手たちがプレーしている様子を見て、誇らしさも感じました。25年ぶりですもんね…最高の舞台ですから。

緒方監督の第3戦以降の采配に関して、いろいろと話題になったりもしていますが、なんせカープをセリーグ優勝に導いてくれたのですから。昨年の悔しさをバネにして、25年間も遠ざかり、もはや分厚い壁となっていた優勝への道を、見事に切り開き、ファンに大きな夢を与えてくれたのは、選手であり、監督・コーチであり、球団なのですから、私自身も感謝の気持ちでいっぱいです

昨夜の黒田投手に関する記事の中でも書きましたが、夢というのは、何でもかんでも一気に叶うものではないと思います。優勝でき、CSも突破できたけど、日本シリーズは制覇できなかった…それは、日本一をもぎ取るためには、まだ何かチームに足りないものがあるということであり、それを埋めてこそ、「日本一」を手に入れることが出来るのでしょう。今回の忘れ物を取り戻すための旅がこれから始まるのだと思います

確かに、第3戦で中田選手のレフトへの打球に、果敢に飛び込みながらも後ろにそらした松山選手。なぜ、赤松選手で守備固めをしなかったのか、そして第4戦で早い段階で守備固めをしたのはなぜか。さらに第6戦でジャクソン投手を続投させたのはなぜか…という采配の疑問もありますが、それはあくまでも結果論に過ぎなくて、日本シリーズは今までとは違う雰囲気であり、采配を振るう側も今までとまったく違う感覚があったのだと思います。指名打者制、延長15回制…普段と違うことは、ルールだけを見てもいっぱいあるのですから。

北海道日本ハムのプレーを見ていても、やはり守備をしっかり固めることは大切だとも感じました。カープも守り勝つ野球で、何度となく守備で相手に流れを引き渡さなかったシーンが多々ありましたが、北海道日本ハムもそうでした。第3戦、丸選手のライト線への打球を好捕した中田選手、第6戦、下水流選手の打球を横っ飛びでキャッチし、カープは同点どまりとなってしまった中島卓選手のプレー。追加点を奪える場面で、相手によってそれを最小限に食い止められてしまいました。

今回の日本シリーズはお互い、似たようなタイプのチームの対決だったと思います。紙一重でしたし、どう転んでもおかしくはなかったでしょう。ちょっとした弾みで、カープに流れがきていたかもしれません。日本一は逃したとはいえ、そんなに手が届かないほどの距離があるとは感じませんでした

ただ、北海道日本ハムの場合は、4年前に栗山監督自身が日本シリーズで2勝4敗で涙を飲んだ経験がありました。その経験が、今回、カープに勝ったのではないでしょうか。そう考えると、カープも選手、そして緒方監督、さらにはコーチ陣も、今回の悔しさは大きな経験になったと思いますし、優勝するためにはどうすれば良いかの手応えをつかみ、次に日本シリーズに出場したときは今回の経験が大きく生きてくるでしょうし、活かさなくてはなりません

今年は最高のシーズンでした。だるさんのおっしゃるように、10月の終わりまでカープの試合を楽しめましたし、マツダスタジアムでの試合が、今季のプロ野球の最後の試合になったのですから。本当にお疲れ様でした、そしてありがとう!来季、日本シリーズに忘れた忘れ物をぜひ取り戻しましょう。

だるさん、コメントありがとうございました。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる