★KUNIの雑感150★黒田投手の粘りの打撃…投手陣に浸透させたい

★KUNIの雑感150★黒田投手の粘りの打撃…投手陣に浸透させたい

先日、あるスポーツ記事に、今季の投手の打撃成績のランキングが記載されていました。打率、本塁打、打点と、打者の主要3部門を投手でも見てみようというものだったのですが、その中で打点部門では、黒田投手が5打点をマークし、今季の投手ではトップの数字だったのです

黒田投手といえば、打撃は極度の苦手ということでも知られています。特に有名なのが、2003年のシーズンで、開幕から実に54打席無安打という記録を樹立しました。その年、55打席目にようやくヒットを放ちましたが、シーズン終了時点で61打数1安打、打率.016という成績に終わりました。大リーグ時代の2010年にも開幕から39打席連続でヒットが出ないという記録を作りました。

しかし、今季は打率こそ.089でしたが、打点はセリーグの投手ではトップの5。実はこの数字、黒田投手の20年のキャリアの中で、シーズン最多打点でした。とりわけ6月29日の東京ヤクルト戦で放った、満塁からの走者一掃の2塁打。ここで挙げた3打点が非常に大きかったのですが、今季放った4本のヒットのうち、2本は得点に絡むタイムリーでした

ただ、打撃は苦手であっても、打席での闘志は素晴らしいものがありました。たとえ凡退したとしても、10球以上粘ったことも多々ありました。確かに打撃では期待されていないかもしれないけれども、9番目の打者として、自分に出来ることは何か…それはとにかく粘って、簡単には打ち取られないこと。球数を投げさせることで、相手の体力を消耗させるだけじゃなく、次の打者以降に貴重な情報を提供することも出来ます。

投手であっても、スタメンで9番目に名を連ねていることには間違いありません。打てないながらも、3球であっさり三振するのではなく、粘っていく…そうすれば、何かいいことが待っているかもしれない。これが5打点という結果に繋がったのかもしれません。そしてこの打席での粘りは、投手陣には手本にして、黒田投手の打席での気持ちを引継ぎ、来季からは若手もしっかり実戦してほしいですね。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。


スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
15位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる