★KUNIの雑感160★モデルチェンジ

★KUNIの雑感160★モデルチェンジ

もうすぐクリスマス。年の瀬も押し迫ってきた今日この頃ですが、1年という月日が過ぎるたびに徐々にではありますが、自分も歳を取ってきたなと感じることが増えてきました。来年は私自身40歳になります。男性の平均寿命を考えれば、人生の約半分が終わったということになります。子供と遊んでると、昔出来ていたことが出来なくなっていたりということもしばしば。

プロ野球選手であればなおさらそう感じることでしょう。歳を重ねるにつれて体力にも変化が生じでくるでしょうし、相手も自分自身を丸裸にされるほど研究し尽くしてくるでしょう。そうなると、以前までのイメージを捨て、新しい自分に切り替えていくことが必要となってくる…イメージチェンジと言うか、モデルチェンジとでも言うべきでしょうか

かつてのカープの守護神であるベテランの永川投手。プロ通算165セーブはカープではダントツのトップです。彼が守護神を務めていた頃は、ストライクゾーンに入るものとボールゾーンへ逃げるものと、2種類のフォークを操り、しかも150キロを超えるストレートを、ノーラン・ライアン投手を参考にして築き上げた右足を高く上げる独特のフォームの持ち主でした。確かにコントロールを崩す場面は多かったものの、それでもまるで魔球とも言えるような鋭いフォークで次々と三振を奪いました。

しかし年齢を重ねるたびにストレートの球威も落ち、かつての迫力あるピッチングは影をひそめてきました。そして今年のオフ、永川投手としては野球人生で初めてスリークォーターに転向することになったそうです。これもまたプロ野球という厳しい世界で長く生き抜くための、越えなければならない一つのハードルなのでしょう。

ルーキー時代は150キロを超えるストレートを投げ込んでいたかつてのカープのエース・佐々岡真司さんも年齢を重ねるにつれて技巧派の投手に変わりました。今年引退した黒田投手もまた、プロ野球そしてメジャーリーグという世界に適応するために、技を磨き、自分のピッチングスタイルを確立し、日米通算203勝という偉業を達成しました。

若い頃と、年を重ねてからとでは、やはり同じようにはプレーできません。そこで、年齢にあわせて、そして環境に合わせて、適応していく…それが長くプロでやっていくための術なのでしょう。スリークオーターの永川投手というのは、ちょっとまだイメージが湧いてきませんが、これも永川投手がもう一花咲かせるために選んだ道。かなりの覚悟もあったことでしょう。それをぜひモノにしてほしいと思います


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
12位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる