★KUNIの雑感162★大卒4年目に…

★KUNIの雑感162★大卒4年目に…

今日はクリスマスイブ。今年も残すところ1週間ほどになったわけで、来週には早いもので大晦日なんですね。そういえば、大晦日といえば「紅白歌合戦」。その「紅白」に、今季限りで現役を引退した黒田博樹さんがVTRで出演することになったそうで。今年のカープ優勝の精神的な原動力ともなった黒田さん。年末大詰めの国民的番組で、久々にその雄姿が見れそうです。それにしても、黒田さんに関するニュースで、「黒田博樹氏」と表記されるのを見ると、やっぱり引退したんだなあ…という実感が漂います。

ところで、黒田さんのプロ野球の成績を振り返ってみると、1軍の戦力として定着してきたのが、プロ入り4年目の2000年のこと。この年、7度の完投を達成し、9勝をマークしました。その翌年には13度の完投をマークし、自身初の2ケタ勝利となる12勝を挙げ、ここからカープのエースとしての地位を築くことになります。

一般的には大学、社会人からプロの世界に入った選手を「即戦力」とする傾向がありますが、投手と野手では大きく違います。投手は1年目から活躍できる傾向が強いのに対し、野手はプロのボールに対応するまでにある程度時間がかかる傾向があります。新人王も野手よりも投手の方が人数として多いのはそのためなのかもしれません。

でも、黒田さんのように徐々に1軍に台頭し、4年目くらいから花開くことも多くあります。自分のピッチングスタイルを1年目から1軍で発揮できる投手もいれば、確立できるまでに時間がかかる投手もいるでしょう。入団当初は荒削りな投手だった黒田さんは後者のタイプなのでしょう

ところで、カープで来季大卒4年目となると、大瀬良投手と九里投手の2人がいます。大瀬良投手は来季、先発に再転向し、黒田投手の穴を埋める存在として期待されます。九里投手は今季先発、中継ぎでフル回転しました。しかも、今シーズンの開幕頃にご結婚もされたようで、それが発奮材料となったのでしょう。

大瀬良投手はここ2年ですっかり中継ぎとしての投球が身に染みてきたような気がします。だからこそ、先発タイプに切り替えられるかどうかが来季のカギを握るでしょう。九里投手は役割を一本に絞れば、さらに持ち味を発揮できるのではないかと思うのですが…。

大瀬良投手と九里投手…ともに大卒で、ドラ1&ドラ2のコンビ。これは1996年のドラフト1位・沢崎投手と2位の黒田投手とだぶります。しかも沢崎投手は新人王。大瀬良投手も新人王。なんか境遇が似ています。ともに来季4年目、投手陣の主力投手になる働きを期待したいですね


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる