★KUNIの雑感168★肉体改造

★KUNIの雑感168★肉体改造

このオフ、堂林選手に関する記事をちらほら見かけます。新井選手に弟子入りして、毎年恒例の護摩行にも同行する予定であり、また新井選手が通う広島市内のトレーニングジムに通い、しかも、体重も自己最重量となる90キロ以上となったようです。今まではどちらかといえばスリムな印象だった堂林選手ですが、自分自身の持ち味をさらに活かすため、そして師と仰ぎ、自らの打撃の理想像に近いであろう新井選手に近づくため、肉体改造に挑んでいます

球団としては何としても堂林選手を主力に…その思いは非常に強いということは伝わってきます。野村前監督時代はとにかく1軍で実戦経験を積ませていましたし、背番号「7」をつけることにもなりました。「1番・堂林」という、どう考えても不可解な起用に踏み切った時期もありました。それでも2012年の全試合出場、14本塁打をピークに、その後は下降気味。緒方監督就任後は、1軍での出場機会も激減しています。

今年、堂林選手はもう後がないという危機感を抱いています。なかなか1軍で結果を残すことが出来ず、堂林選手らしい、右方向への打球の伸びも影を潜めています。昨年の秋季キャンプでは指定強化選手に選ばれ、徹底的にバットを振り込みました。そして、このオフは肉体改造にも励んでいます。今までにない充実したオフを送っているようで、後は新井選手というベテランの背中を見て、それに1歩でも近づこうと懸命になっているようです

肉体改造というのは、確かに聞こえは良いですが、リスクもあるようです。昨年、2軍の試合で美間選手を見ました。美間選手としえば、どっしりした体格で、いかにもドデカイのを打ちそうな雰囲気を持っていましたし、2軍でも2014年に11本塁打をマークしました。しかし、昨年見た美間選手はすっかり細くなって、打席でも威圧感を感じず、打球も今ひとつ伸びがないように感じました。スリムになり、その反面、筋肉を付けたとしても、その新たに得た肉体で、今までの打撃に狂いが生じてしまったのかもしれません。昨季は打率.163、2本塁打…改造した肉体に打撃が追いつかないのかもしれません。

堂林選手は自己最重量の体重となりました。しかし、新たに得た体と、今まで培ってきた打撃フォームを上手く融合できるかどうかは分かりません。とにかく徹底的にバットを振り込んでいくしかないのでしょう。しかし、元々は右方向へも長打が打てるパンチ力のある打者。だからこそ、パンチ力をバットに上手く伝え、より相乗効果を発揮できれば、今季の堂林選手は面白い存在になるかもしれません。肉体改造が吉と出るか凶と出るかというよりも、得た肉体と打撃を融合させることが出来るか、その変化に注目です


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
12位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる