★KUNIの雑感169★伝説のあのドラマで路面電車が…

★KUNIの雑感169★伝説のあのドラマで路面電車が…

年始というのは、自宅で何となくテレビをつけて、何となく見ている…という感じなのですが、たまたまつけていたテレビ番組で、路面電車でタレントの方が旅をするという番組をしていたんですね。しかも、その旅の舞台が愛媛・松山と広島。関西在住の私にとって、「広島」と聞くだけで、どうしても見てみたくなってしまうわけでして。

広島といえば、路面電車が市内(広島出身の方であれば「旧市内」と言った方が的確かもしれませんが)を縦横無尽に走り回っていて、「路面電車の街」というイメージが強いかもしれません。その番組の中で、広島市中区の十日市町にある広島電鉄の信号場を紹介していました。今は使われていない信号場ですが、かつては市内に何箇所かあったようで。この信号場があるドラマで重要な役割を果たしたということで、番組内で紹介されていました。

もしかしたら、今回の雑感のタイトルを見ただけで、察しがついた方もいらっしゃるかもしれません。1982年に放送された、あの名優・石原裕次郎さんや俳優の渡哲也さんらが出演していた「西部警察」というドラマの中で、広島電鉄が全面協力した、当時の広島市民が注目したストーリーがありました。広電の路面電車が乗っ取られ、最後に電車ごと爆破されるという衝撃シーンで、当時は広島地区で50%近い視聴率を取ったとされています。現在では考えられないことです。

その当時、私は幼稚園の年長さん。中区に住んでおり、幼稚園の帰り道に、広電の電車を眺めていることも良くありました。男の子にとって電車は興味を惹かれますから。子どもながらに、広電の電車がえらいことになった…という記憶があります。もちろん、それがドラマということは、子どもの私には理解できなかったのですが。

先日まで広島に帰省していた私。「市内に行く」と、路面電車が走っています。その様子を見ると、幼少時代に路面電車が走っていくのを興味深げに眺めていたことを思い出します。広島が焼け野原になった3日後に、一部区間で運転を始め、復興の象徴となった路面電車。そして、広島カープ…この2つが話題になると、やはり嬉しさと誇らしさを感じます。広島に帰省すると思うんですよね…「路面電車が走り、カープが頑張ってる、だから頑張りんさいよ、応援しとるけえ」と呼びかけてくれる。故郷は元気をくれますね。さあ、しっかりリフレッシュもしたし、私は今日が遅ればせながら「仕事始め」。今年も自分なりに頑張っていきますか


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
12位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる