★KUNIの雑感170★人的補償

★KUNIの雑感170★人的補償

シーズンが終わると、FA権を取得した選手が果たしてその権利を行使するのかどうか、そしてどこの球団が獲得するのかといった話題が渦巻きますが、それが一通り落ち着くと、年末から年始にかけて、出て行かれた球団は、人的補償にするか金銭保障にするか、人的補償ならば誰を指名するのかという話題で熱くなります。なんか、最近はFA選手を獲得するよりもむしろ、人的補償は誰が指名されるか…という方が大きな話題になることが多いように感じます

カープは過去にFA権を行使して、他球団に移籍してしまった選手は、国内球団に限定すれば6選手。そのうち、カープが移籍先の球団に人的補償を求めたケースは2度あります。2007年の新井選手の阪神移籍による人的補償で赤松選手を獲得し、2013年には大竹投手の巨人移籍による人的補償で一岡投手を獲得しました。

赤松選手は守備に走塁にと、カープの終盤、攻守にわたる切り札的存在として活躍しています。その当時、阪神へ移籍した新井選手は一昨年、カープに復帰し、昨年はセリーグMVPを獲得しました。一岡投手はカープ入団1年目に中継ぎとして活躍し、昨季も貴重な中継ぎ右腕として大きな戦力となりました。人的補償で獲得した選手はともに活躍し、新井選手にいたってはカープに復帰した…何だかこう考えると、FAで主力選手が移籍してしまったというよりはむしろ、1対1のトレードだったかのような感覚すらあります

人的補償が話題になるようになったきっかけは、一岡投手の活躍ではないでしょうか。とりわけ、大型補強の影に、若手が出場機会を奪われる傾向が強い球団は、眠っている宝がいっぱいあるともいえます。赤松選手も一岡投手もその1人でした。そしてその宝はカープで見事に光り輝いています。FAって主力選手を奪われるという負のイメージしかありませんでしたが、今は旨味もある…そう思うようになりました

このオフ、オリックスが阪神・金田和之投手を、横浜DeNAが巨人・平良拳太郎投手を人的補償で獲得しました。FAで主力選手は奪われてしまうけれども、有望な若手を奪い取れる…もしかしたらその若手は、在籍していた主力選手以上の活躍してくれる可能性を秘めているのかもしれません。だから、人的補償がより注目を集めているのでしょうし、FAのもう1つの魅力となっているのでしょう


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる